🧗

mkgoprj : Golang CLIコマンド/ライブラリ プロジェクト生成コマンド(仕様説明)

2022/04/21に公開約5,300字

前書き:なぜmkgoprjを開発したか

本記事は、mkgoprjコマンド(golang製)の仕様を説明する記事です。mkgoprjコマンドは、CLIコマンド/ライブラリ向けのテンプレートプロジェクト(Golang)を生成するコマンドです。

私は、2022年に入ってから小規模なGolangプロジェクトを12個作りました(2022年4月時点)。プロジェクトを作る度に「あのファイルをコピーして〜」「この文字列を置換して〜」みたいな作業をする事が、次第に苦痛になってきました。

そこで、「Javaのgradleコマンド」のようなプロジェクト生成コマンドを探しました。しかし、どれもイマイチな部分(以下の3点)があり、私の期待に応えていませんでした。

  • 出力ファイルが少ない(プロジェクト作成が楽になっていない)
  • 人様のリポジトリをクローンする必要がある(クローンパスを覚えてられない)
  • 無駄に凝ったアーキテクチャのコード構成

仕方がないので、プロジェクト作成コマンドを自作することにしました。このような開発経緯を持つため、mkgoprjは私にピッタリのツールですが、皆さんに合うかは分かりません。

インストール方法

現在は、"go install"によるインストール方法のみ対応しています。golang用のツールなので十分だと考えていますが、要望があれば.debや.rpmに対応します。

$ go install github.com/nao1215/mkgoprj/v2@latest

なお、mkgoprjコマンドは、クロスプラットフォーム(Linux、Mac、Windows)対応です。

mkgoprjのサブコマンド一覧

mkgoprjコマンドは、Version 2.1.0時点で下表のサブコマンドを備えています。サブコマンドを指定しない場合は、ヘルプメッセージが表示されます。

サブコマンド 機能
cli spf13/cobraを利用したCLIコマンドプロジェクトを生成
library ライブラリ用プロジェクトを生成

cliサブコマンドの方がlibraryサブコマンドより出力するファイル数が多いため、以降の説明ではcliサブコマンドに関して説明します。

生成物の一覧

cliサブコマンドが生成するファイルは、大別すると以下の通りです。

  • CLIコマンド用ソースコード
  • GitHub Actions用のymlファイル(詳細は後述)
  • Issueテンプレートファイル
  • Makefile(詳細は後述)
  • プロジェクト情報ファイル(Changelog、Code of conduct)
  • go.mod, go.sum

実行例

cliサブコマンドは、import pathを引数に取ります。つまり、"$ go mod init"と同じ引数です。以下の実行例では、github.com/nao1215/sample を引数としています。-n オプションをつけた場合、プロジェクトルートディレクトリを作成せず、カレントディレクトリにファイルを生成します。

$ mkgoprj cli github.com/nao1215/sample
mkgoprj starts creating the 'sample' application project (import path='github.com/nao1215/sample')

[START] check if mkgoprj can create the project
[START] create directories
[START] create files
        sample (your project root)
         ├─ CODE_OF_CONDUCT.md
         ├─ main.go
         ├─ Makefile
         ├─ Changelog.md
         ├─ .goreleaser.yml
         ├─ cmd
         │  ├─ version.go
         │  └─ root.go
         ├─ .github
         │  ├─ dependabot.yml
         │  ├─ ISSUE_TEMPLATE
         │  │  ├─ issue.md
         │  │  └─ bug_report.md
         │  └─ workflows
         │     ├─ reviewdog.yml
         │     ├─ build.yml
         │     ├─ unit_test.yml
         │     ├─ release.yml
         │     └─ contributors.yml
         └─ internal
            ├─ cmdinfo
            │  └─ cmdinfo.go
            ├─ completion
            │  └─ completion.go
            └─ print
               └─ print.go
[START] Execute 'go mod init github.com/nao1215/sample'
[START] Execute 'go mod tidy'

BUILD SUCCESSFUL in 2485[ms]

GitHub Actions用のymlファイルファイル

mkgoprjコマンドは、プロジェクト作成時に下表のGitHub Actions用ymlファイルを生成します。一般的なOSSで用いられるGitHub Actionsには対応していると考えています(カバレッジ取得だけ意図的に含めていません)

Action name Description
build プロジェクトのビルドを行う
unit test ユニットテストを行う
reviewdog 静的解析を行う
release gitタグ毎にプロジェクトをリリースする
contributors コントリビューターリストファイルを作成する

一般的ではないのは、contributorsだと思います。contributorsは、コードを修正した人のリスト(Contributors.md)を自動的に生成します。コード修正者の情報はGitのログから取得しており、botによる修正(貢献)を含んだ表を出力します。

出力例は、以下の通りです。

NAME EMAIL +(APPEND) -(DELETE)
Naohiro dummy@gmail.com 4663 1259
Yasuhiro dummy2@gmail.com 19 32
matsuyoshi dummy3@gmail.com 5 6
nao1215 nao1215@users.noreply.github.com 5 4
dependabot[bot] 49699333+dependabot[bot]@users.noreply.github.com 0 0

一般的ではありませんが、貢献した人いただいた人に敬意を払うため、Contributors.mdを出力するようにしています。

自己文書化されたMakefile

mkgoprjコマンドによって生成されるMakefileは、自己文書化されています。makeコマンドを実行した時、Makefileのターゲットリストが表示されます。ターゲット名の横には、ヘルプメッセージが表示されます。

$ make
build           Build binary 
clean           Clean project
fmt             Format go source code 
test            Start test

新しいターゲットを追加したい場合は、ターゲットの横に "##" から始まるコメントを書いてください。make実行時に"##"以降の文字列が抽出され、ヘルプメッセージとして利用されます。以下に例を示します。

build:  ## Build binary 
	env GO111MODULE=on GOOS=$(GOOS) $(GO_BUILD) $(GO_LDFLAGS) -o $(APP) cmd/sample/main.go

clean: ## Clean project
	-rm -rf $(APP) cover.out cover.html

シェル補完ファイルの自動生成 (bash, zsh, fish)

mkgoprjコマンドは、bash、zsh、fish向けのシェル補完ファイルを自動生成します。ユーザーがmkgoprjを実行した後、シェル補完ファイルがシステムに存在しない場合は、自動生成処理を開始します。シェル補完を有効にするには、シェル再起動が必要です。

$ mkgoprj 
mkgoprj:INFO : append bash-completion file: /home/nao/.bash_completion
mkgoprj:INFO : create fish-completion file: /home/nao/.config/fish/completions/mkgoprj.fish
mkgoprj:INFO : create zsh-completion file: /home/nao/.zsh/completion/_mkgoprj

同様に、mkgoprjコマンドで生成したCLIコマンドも、シェル補完ファイルの自動生成機能が実装されています。

余談:前世はubumeという名前だった

mkgoprjコマンドは、version 1.x.x時代はubumeという名前でした。

プロジェクトを子供に見立てて「子供(出産)に関係する神様探そう!」と考え、良いのが見つからず、パッと思いついた”姑獲鳥 (ubume)”を採用しました。京極夏彦、好きなんです。しかし、意味も悪いし、何をするコマンドか分かりづらかったのでリネームしました。

リネーム後は、機能を減らしたにもかかわらず、GitHub Starが増え始めて驚いています。機能に紐付いたコマンド名は、大事なんですね。

Discussion

ログインするとコメントできます