📌

Red Hat Linuxのサブスクリプション登録で躓いた・・・

2 min read

初めに

最近、CentOSの開発が止まるとのアナウンスがありました。それに伴い、OSS開発企業であるレッドハット社からRed Hat Linuxのライセンス拡充のアナウンスがありました。ミーハである私がインストール時に躓いたことを記述したいと思います。

そもそもなぜ使おうと?

Red Hat Linuxは個人開発目的であれば、16システムまで利用可能(本番環境OK)となりました。(2021/01/22時点 以下記事参照)

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2101/22/news099.html

これを利用するには以下URLよりRed hatのDevelopersプログラムに参加する必要があります。

https://developers.redhat.com/

アカウントを登録しRed hat Linuxをダウンロードすると、Red hatのサブスクリプションが以下のようになります。

これで、準備完了です!!さて、ガンガン使うぞ!!で躓きました

躓いたところ・・・

さて、私が躓いたのはインストール後のサブスク認証です。
Red hat Linuxをインストールすると以下のような画面になります。
1.ライセンスに同意する

左側のライセンス登録をクリックする

チェックを入れて左上の完了

2.製品登録
つぎに、ライセンス登録の横の製品登録をクリック

URLはデフォルトで次へ(プロキシがある場合は設定してね♪)

躓きポイント!!!

さて、ここで躓きました。RedHatアカウント。皆さん作っていますよね?
私だけかもですが、ログイン=メールアドレスと思っていませんか???
やってみますね???

ぎゃああああああああ


はい、エラリました・・・・

解決策

はい、さて、どうすればよいのでしょうか?サブスク認証せずに使い始めて、デスクトップからライセンス認証しようとすると401エラーというのが出てきました。(ログ取り忘れました(;'∀'))

で、"401エラー サブスクリプション登録 redhat"で検索してみると、以下のようなURLが・・・

https://access.redhat.com/ja/solutions/5457801
ユーザ名はRed HatログインIDを使用する必要があるのです。

RedHatログインID???(;'∀')

そうです。Red Hat社のホームページからログインをすると以下のような画面になります。この時、水色に塗られている部分に書いてあるのがRedHatログインIDになります。

さて、再チャレンジします!!!

うぉぉぉぉぉぉぉおぉxxできたあああ

ということで、できました。

最後に

普通の人は躓かないのかもしれませんが、私のように今まで個人ではCentOS、会社ではルータしか触っていなかった方には、エンタープライス向けのライセンスって難しく感じる方がいるかもしれません。参考になれば嬉しく思います。