🐎

Composerを使いこなしてEC-CUBE4系プラグインの開発効率を爆上げする

2022/10/20に公開約4,200字

EC-CUBE4系のプラグイン開発、みなさんどうされていますか?

  1. bin/console eccube:plugin:generate コマンドでプラグイン生成
  2. bin/console eccube:plugin:install --code=<PluginCode> でインストール
  3. app/Plugin/<PluginCode> に移動して、 git でバージョン管理しつつ開発

という感じでしょうか?
オーナーズストアに対応する場合は、 mock-package-api を使用して、一旦 tgz で固めないといけませんね。

開発中「あ、プラグイン削除のテストしなきゃ」とプラグインを削除したら、.git もろともプラグインが削除されて、泣きそうになった経験はありませんか?
(僕は何回かあります...)

このような背景から EC-CUBE4系プラグインの開発をする場合は少々工夫が必要で、日々ストレスを募らせており、何とか解消できないかと悶々としておりました。

Composer と EC-CUBE4系プラグインの関係

EC-CUBE4系のプラグインは Composer を利用して管理されてます。

通常、 Composer は packagist.org にあるリポジトリと通信して、一覧やパッケージの詳細、バージョン情報、依存関係などを取得します。
EC-CUBE4系には EC-CUBE Package API の Composer リポジトリが追加されており、この API と通信して、有料プラグインのライセンス情報や、インストール状況などを取得します。

Composer を使用して、EC-CUBE4系のプラグインをインストールする

EC-CUBE Package API の Composer リポジトリは、通常の Composer リポジトリの機能拡張です。
機能拡張されている部分は、主に EC-CUBE の管理画面から操作できるよう拡張されている部分ですので、コマンドライン操作に限ってしまえば、通常の Composer リポジトリとほとんど変わりません。

ですので、 composer.json の repositories にEC-CUBE4系プラグインのリポジトリを追加してあげれば、bin/console eccube:composer:require コマンドを使用して、プラグインをインストール可能です。

Composer のローカルリポジトリを活用する

Composer には、ローカル環境のディレクトリを参照できる機能がありますので、これを活用してみます。

この方法は、EC-CUBE4.0.x〜4.2.x まで使用可能です。

事前準備

bin/console eccube:plugin:generate コマンドでプラグインの雛形を生成しておきます

bin/console eccube:plugin:generate


EC-CUBE Plugin Generator Interactive Wizard
===========================================

 name [EC-CUBE Sample Plugin]:
 > <enter>

 code [Sample]:
 > <enter>

 ver [1.0.0]:
 > <enter>

上記で app/Plugin/Sample というプラグインの雛形が生成されます。
これを、 EC-CUBE と同階層へ移動しておきます。

mv app/Plugin/Sample ../Sample

composer.json にリポジトリを追加する

composer.json の repositories に、先ほどの Sample プラグインのローカルリポジトリを追加します。

オーナーズストアのプラグインと同じパッケージ名のプラグインを開発する場合は、Package API のリポジトリに exclude を追加してください。
exclude に記述したプラグインは、Package API のリポジトリの検索対象から除外されます。

"exclude": ["ec-cube/sample", "ec-cube/recommend42"], という感じで複数記述できます。

// ここから // ここまで は追加時には削除してください。構文エラーになってしまいます

    "repositories": {
    // ここから
        "sample-plugin": {
            "type": "path",
            "url": "../Sample"
        },
    // ここまで
        "eccube": {
            // ここから
            "exclude": ["ec-cube/sample"],
            // ここまで
            "type": "composer",
            "url": "...",
            "options": {
                "http": {
                    "header": ["X-ECCUBE-KEY: ..."]
                }
            }
        }
    }

repositories の項目自体が無い場合は、EC-CUBE の管理画面→オーナーズストア→認証キー設定にて、認証キーを登録すると生成されると思います。

ローカルリポジトリのプラグインをインストール

bin/console eccube:composer:require コマンドを利用してプラグインをインストールします。

bin/console eccube:composer:require ec-cube/sample

たくさんログが出力されますが、以下のようなログが含まれていればインストール成功です。

[81.2MiB/12.76s] Package operations: 1 install, 0 updates, 0 removals
[81.3MiB/12.77s]   - Installing ec-cube/sample (1.0.0): [81.3MiB/12.77s] Symlinking from ../Sample[81.3MiB/12.77s]

インストール時に以下のようなエラーが出た場合は、

In PluginInstaller.php line 56:

  Undefined index: id

プラグインの composer.json に extra.id を追加してください。(id の値は重複しない数字であればOKです)

diff --git a/composer.json b/composer.json
index 7e23bbd..2d1cf32 100644
--- a/composer.json
+++ b/composer.json
@@ -7,6 +7,7 @@
     "ec-cube/plugin-installer": "^2.0"
   },
   "extra": {
-    "code": "Sample"
+      "code": "Sample",
+      "id": 1
   }
 }

app/Plugin を確認すると、シンボリックリンクでプラグインが追加されていると思います。

ls -al app/Plugin
drwxr-sr-x 12 nanasess nanasess 4096 10月 17 16:08 .
drwxr-sr-x 10 nanasess nanasess 4096  7月  5 09:54 ..
lrwxrwxrwx  1 nanasess nanasess   26 10月 17 16:08 Sample -> ../../../Sample/

シンボリックリンクですので、管理画面からプラグインを削除してもリンク先のソースコードが消えることはありません。
このインストール方法は、独自プラグインにも、オーナーズストアのプラグインにも使えます。

注意点

  • Composer API でプラグイン一覧を返すことができないので、管理画面の プラグインを探す からはインストールできません。(有効化/無効化/削除は可能)
  • 開発用途なので、本番環境での使用は推奨しません。

その他

EC-CUBE4.2.1 からは、本インストール方法を活用したオプション が追加されます。

また PHPバージョンごとに Docker イメージを作成する機能を活用すると、E2Eテストも10分くらいで書けてしまいます。

https://zenn.dev/nanasess/articles/ec-cube-plugin-e2etesting-in-10mins

Composerを使いこなしてEC-CUBE4系プラグインの開発効率を爆上げして睡眠時間を増やしましょう!

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます