VSCodeで使用している拡張機能を、別端末でinstallするためのスクリプト

1 min読了の目安(約1200字TECH技術記事

はじめに

自分のGitHubを整理していたら、VSCodeの拡張機能をinstallするためのスクリプトが出てきたので備忘録として投稿します。
※昔、自宅PCと会社PCの設定を合わせるために作成したスクリプトですが、今はSettings Sync を利用して設定を共有する方が便利だと思います。

手順は 現在使用している拡張機能をinstallするスクリプトを作成 -> 新しい端末などでスクリプトを実行 です。

スクリプト

code --list-extensions でinstallしている拡張機能の一覧が取得できるので、それをinstallコマンドに変換しているだけです。

#!/bin/bash

# vscodeの拡張機能をinstallするスクリプトファイルを作成
SCRIPT_DIR=$(cd $(dirname $0); pwd)
LOCAL_EXTENSIONS=`code --list-extensions`
OUTPUT_FILE="$SCRIPT_DIR/installExtensions.sh"

echo "#!/bin/bash" > $OUTPUT_FILE
chmod +x $OUTPUT_FILE

for extenstion in ${LOCAL_EXTENSIONS[@]}; do
  echo "code --install-extension $extenstion" >> $OUTPUT_FILE
done

下記のようなファイルが作成されるので、 ./installExtensions.sh で実行すればinstallされます。
(すでにinstall済みのものは無視されます)

installExtensions.sh
#!/bin/bash
code --install-extension abusaidm.html-snippets
code --install-extension AlexShen.classdiagram-ts
code --install-extension christian-kohler.path-intellisense
code --install-extension CoenraadS.bracket-pair-colorizer
code --install-extension davidhouchin.whitespace-plus

おわりに

自分だけなら拡張機能以外の設定も共有できる Settings Sync を使ったほうが便利ですが、
他の開発者が使っている拡張機能を知りたいときなどに code --list-extensions を実行すれば一覧を確認できるのでこちらは使える機会あるかもしれません。