👌

ロジクールのキーボード「KX850CT MX MECHANICAL MINI」で入力がJIS配列にならず苦労した話

2023/01/15に公開1

はじめに

普段Macbookをモニターに繋いで使用しているのですが、キーボードに特にこだわりがなく、なんとなく良さそうだった「KX800 MX KEYS」というロジクール製のキーボードを使用しており特に不満はありませんでした。
最近になって作業環境を良くしたいと色々調べ、スタンディングデスクを購入してみたり椅子も疲れにくいやつに買い替えたりしました。
すごく作業環境が良くなり満足ですがここで終われば素人、こだわる方はキーボードやマウスなども自分の好きなものを使い仕事のテンションを上げているだとか・・・
私もそういった方達に感化され、とうとうメカニカルキーボードに手を出すことになりました。
そうして購入したのがロジクールの「KX850CT MX MECHANICAL MINI」になります。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0B1Q5T5TQ/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s00?ie=UTF8&th=1

キーボードのレビュー

調べた通り打鍵感と打鍵音が最高でデスクワークのモチベーションも上がりました!
メカニカルキーボードには「」というものが選択でき、その軸によって打鍵音や打鍵感が変わるみたいです。
大まかに分けると

  1. 青軸 -> 打鍵音が大きく、打鍵感は硬め
  2. 茶軸 -> 打鍵音、打鍵感ともに青と赤の中間
  3. 赤軸 -> 打鍵音が小さく、打鍵感は滑らか

の3種類があり初心者の方には茶軸をお勧めされている方が多かったです。
なので今回は茶軸を購入しました。

見た目もかっこいいですし、テンキーがなくキーボードサイズが少し小さめなので

  1. 持ち運びがしやすい
  2. テンキーがない分、マウスがセンターポジションに寄るので、腕を伸ばさずマウスを使えるので腕が疲れにくい

といった利点もあります。
私の場合は持ち運んでキーボードを使用したことがないので1の恩恵はないですが、2は思ったよりも腕が楽で良かったです。

デメリットとしてはキーの位置や大きさ(例えばshiftキーなど)が主流のフルサイズキーボードと違うので慣れるまでは打ち間違えがストレスになるかもしれません。
私はそこまで気になりませんでした!

問題点

いよいよ本題に入ります。
私の場合MacbookにBluetoothで接続した場合はJIS配列で入力ができたのですが、「Logi Boltを経由して接続した時のみUS配列になる」という症状でした。

筆者の環境

  • MacBook Pro Apple M1 Pro
  • macOS Ventura 13.1

Bluetoothで問題なく入力できるならLogi Boltで接続しなくても良いのでは?

先ほど問題点で書いたようにUS配列になってしまうのはLogi Bolt経由で接続した場合のみ発生する症状です。それならBluetoothで接続して使えばJIS配列で入力できるのですがその場合は新たな問題が発生します。
それはAirPodsを使用してzoomなどのビデオ通話をする際にキーボードのBluetooth接続が頻繁に切れるということです。
これはBluetooth機器同士の電波干渉の関係上仕方がないのかなと思いますが、この頻繁に接続が切れる症状はLogi Boltだと発生しません。

解決に至るまで

まずはMacの「システム設定」->「キーボード」->「キーボードの種類を変更...」から「キーボード設定アシスタント」を起動し「JIS(日本語)」を選択し「完了」をしてみました。
ですが結果は変わらずUS配列(「shift」を押しながら「2」 が「@」になる)のまま改善されませんでした。

ロジクールサポートに連絡(改善されず・・・)

ロジクールのサポートでは色々改善策を提案していただきました。

  1. Macの設定でキーボードの種類をJIS以外に変えて、再びJISに戻す
  2. Macに登録してあるキーボードの接続をリセットし「Logi Bolt App」経由で接続する
    https://support.logi.com/hc/ja/articles/4418089333655
  3. 「システム設定」 -> 「一般」 -> 「ログイン項目」 -> 「バックグラウンドでの実行を許可」に「Logi Options+」を有効にする
  4. キーボード内部でのOSの認識の設定
    1. キーボードの電源を入れる
    2. 「Fnキー」と「O」を同時に3秒間長押し
    3. Easy SwitchキーのLEDが点灯もしくは点滅するか確認
    4. キーボードの電源を入れ直し揉んだ句なく入力されるか確認
  5. 「Logi Options+」アプリからファームウェアのアップデート

これら全てを試しましたが改善されませんでした。
最後にセカンドオピニオンとしてAppleサポートへ相談することを提案されましたのであまり期待せずAppleサポートへ相談しました。

Appleサポートに連絡(改善!!!)

Appleサポートで

  • 具体的な問題
  • 今まで試してみこと

など具体的に伝えると、2点改善策を提案していただきました

  1. Macをセーフモードで起動してみる
  2. 新規ユーザアカウントを作成する

このうち1のセーフモードで起動して設定してみると無事にLogi Boltで繋いだ際もJIS配列で入力できるようになりました!

セーフモードでやってみたこと

まずはセーフモードでMacBookを起動するやり方はこちらです。
https://support.apple.com/ja-jp/HT201262
セーフモードで起動しただけでは以前としてUS配列入力のままでした。
以下のことを試すとJIS配列になりました。

  1. Logi Options+ アプリを起動
  2. 「システム設定」->「キーボード」->「キーボードの種類を変更...」から「キーボード設定アシスタント」を起動し「JIS(日本語)」を選択し「完了」

すると設定が反映され、JIS配列で入力できるようになりました!
現在はセーフモードで起動されているので一度Macを再起動しましたがその後も問題なくJIS配列で入力できるようになりました👏

おわりに

この記事が同じようなことで悩まれている方の一助になれば幸いです。
キーボード自体は打ち心地や打鍵音がとても好きで壊れるまで使い倒そうと思います!笑
Logi BoltでUSB端子を一箇所潰してしまったので今後ロジクールの製品を購入する際はLogi Bolt対応製品を買おうかなー🥱
以上です!

GitHubで編集を提案

Discussion

テルクェステルクェス

同じ症状で困っていたんですが、この記事を参考に解決できました。ありがとうございました!

ログインするとコメントできます