Kubernetes入門の際に参考にした情報

6 min read読了の目安(約5600字

これは何?

仕事でKubernetesを触ることになったのですが、それまでに予習としてインプットに活用させて頂いた情報源をまとめました(分類分けがかなり雑ですが、優しく見てください)。

(個人的な)結論

Kubernetesについて調べ始めると、Kubernetes自体が大きなエコシステムであることと、それを取り巻くいろんなツールが出てきて、「どこから始めればいいんだ...」となりがちです(少なくとも僕はなりました...)。
そこで個人的には、Youtubeなどの動画(Kubernetesは情報の行進が早いので、1年以内に配信されたものがオススメ。またハンズオンがあると尚良し。)を見てKubernetesの全体像を掴んだ後に、 Kubernetes完全ガイド impress top gearシリーズ にざっと目を通す流れが良いと思いました(詳細を覚えるのではなく、頭にインデックスるを作る感じ)。その上で使うクラウドインフラ特有の事項を調べたり、Kubernetesのセキュリティや裏側の具体的な挙動について深ぼる感じです。

Kubernetesが「どんなことを目的に生まれたのか」、またそれを「どうやって実現しているか」の大枠をある程度理解してから詳細へと深ぼっていくことで、本質を見失わずに進んでいけるのかなと思います。

Kubernetes

公式

書籍

ブログ

動画

AWS(EKS)

Kubernetesに対する基礎的な知見を備えた上で、IAMとKubernetes側のRBACとの関係や、EKS側で何をどこまで自動でやってくれるのかを把握するのが重要かなぁと思いました。

公式

書籍

ブログ

動画

  • Amazon EKS Workshop
    • AWS公式が出しているEKSのハンズオンです
    • Kubernetesの全体像はざっくり分かったけど、EKS使う際にこれってどうなんやろ?が動画で解説されています

所感

Kubernetesを勉強して思ったこととしては、高度に抽象化されていながらも結局ちゃんと運用するには裏側の挙動やインフラの知見は必須だなと感じました。
クラウドインフラに任せられる部分も沢山ありますし、その割合は年々増えていますが、それらを構築して運用するのは我々利用者なので、正しい理解の元に運用しないと結局はイケてるフレームワークで辛い運用をしている感じになるかなと思います。

というわけで日々精進です。