👻

DatadogのKubernetes State Metrics Coreに関する簡単なまとめ

1 min read

コレは何?

KubernetesのメトリクスをDatadogに流しているのだが、 一部のメトリクス(kubernetes_state.container.cpu_requestedなど)がDatadogで取得できていないため調べたら Kubernetes State Metrics Core にたどり着いたのでそれに関する簡単なまとめ。

Kubernetes State Metrics Core is 何?

Kubernetes State Metrics Coreによると、

The Kubernetes State Metrics Core check leverages kube-state-metrics version 2+ and includes major performance and tagging improvements compared to the legacy kubernetes_state check.

とのこと。
要はkube-state-metricsのv2.0のことをDatadogでは Kubernetes State Metrics Core と呼んでいるらしい(とても紛らわしい...)。

私の検証環境ではこの Kubernetes State Metrics Core がenableになっていなかったため、一部のメトリクスが取得できていないようだった。

kube-state-metrics v2に関しては以下が参考になった。

セットアップ方法

詳細はMonitor kube-state-metrics v2.0 with DatadogSetupに載っているが、
DataDog/helm-charts 経由で入れる場合には、以下のように設定値をちょこっと変えるだけで対応できる。
基本的にはv1.0系のものと同じメトリクス名でデータが取得できるが一部は名称が変わったりしているらしい。

values.yaml
datadog:
  # これでv2.0をenableにできる
  kubeStateMetricsCore:
    enabled: true
  # v1.0はもう不要なのでdisableして良さそう
  kubeStateMetricsEnabled: false

以上

Discussion

ログインするとコメントできます