業務でScalaに入門するために参考にした情報

公開:2020/12/26
更新:2020/12/27
3 min読了の目安(約3100字TECH技術記事

これは何?

Ruby畑での仕事が中心で他の言語/フレームワークを使った経験は皆無だったのですが、転職してScalaを使ったアプリケーション開発に携わることになりました。Scala全く分からん状態から仕事で使っていくために参考にさせて頂いた情報を軽くまとめました。これからScalaへ入門する方への助けとなれば幸いです。

ポイント

Rubyとかの動的型付け言語から来た人は特に以下の理解が重要(かつ骨が折れる..)かなと思います。

  • Either,Optionなどの文脈付き型の理解
  • for内包式の理解
  • Generics/型パラメータの理解

ザッとScalaの全体について理解して、そこからはコードを書きつつ分からないことは適宜調べていくのが良いのかなと思います(理解し切るまで次に進まないスタイルだと、永久に仕事に進めないくらいボリュームある&難しいので...)。

書籍

技術ブログとか

全般

記号

Scalaは => とか <: とかの記号を多用するのですが、「そもそもこれ何なんだ...(IntelliJで飛べない)。どうやって調べたら良いんだ..」ということが割とあります。

モナド

Domain-Driven Design

「DDDといえばScala!」というくらい、DDDとの相性が良いので、たとえ仕事で使わなくても、一通り目を通しておくことで視野が広がるかなと思います。