dataformとGitHubを連携する

2 min read

かくこと

dataformはELTのTに特化したGoogleのツールです。GUIでデータパイプラインの作成や依存関係の可視化、またGitによるバージョン管理などができます。Gitのremote repositoryとしてGitHubを設定することができますが、この記事ではその設定方法とTipsについてまとめます。dataform自体の使い方は以下を参照してください。

https://docs.dataform.co/best-practices
https://docs.dataform.co/dataform-web/version-control

まとめ

簡単には、次の方法で設定できます。

  • dataformとGitHubアカウントを連携する
  • 空のGitHub repositoryを作成する
  • dataformにGithubアクセストークンを登録する
  • dataformに作成したGitHub repositoryのURLを設定する
  • Require pull requests for all changes にチェックを入れる

dataformとGithubアカウントを連携する

サイドバーのUser Settingsを開き、GitHub.com settingsのUPDATE GITHUB.com LINKAGEから連携できます。これを忘れるとDataformのユーザ名でコミットログが残ることになります。

dataformとGithub repositoryを連携する

サイドバーのProject Settingsを開き、Version ControlのMIGRATE PROJECT TO GIT PROVIDERをクリックします。

すると次の画面が表示されます。

空のGitHub repositoryを作成する

Step 1: Create an empty Git repositoryのGitHubをクリックすると、GitHubのrepository作成のページへ遷移するので空のrepositoryを作成してください。以下にあるように既存のrepositoryと連携することはできないようです。

The repository must be completely new, i.e. have zero commits on it.

dataformにGiHubアクセストークンを登録する

GitHubアクセストークンを取得する

GitHubのSettings/Developer settingsのPersonal access tokensを開き、Generate New Tokenをクリックします。

すると次のページに遷移します。Secret Scopesのrepoにチェックを入れ、Generate Tokenを押してアクセストークンを生成します。

https://docs.github.com/en/authentication/keeping-your-account-and-data-secure/creating-a-personal-access-token#creating-a-token

GitHubアクセストークンを登録する

Step 2: Ensure you have provided valid access token from the git providerのADD/UPDATE GIT ACCESS TOKENをクリックするとUser Settingsに飛びます。Git access tokenのADD NEW TOKENから作成したGitHubアクセストークンを設定します。

dataformに作成したGitHub repositoryのURLを設定する

Step 3: Migrate projectに作成したGitHub repositoryのURLを設定します。

Require pull requests for all changes にチェックを入れる

サイドバーのProject Settingsを開き、Version ControlのRequire pull requests for all changes にチェックを入れます。これをいれないとGitHubに連携してもpull requestsの機能を使うことができず、レビューなしでマージされます。

Discussion

ログインするとコメントできます