💻

[Java] Spring Tool Suite (STS)の環境構築(for Mac)

1 min read

Java開発環境のデファクトスタンダードであるEclipseをベースにした、
Spring Bootという Javaのフレームワークを便利に使える統合開発環境を構築する手順を説明します。
(すでに、Eclipseが入っている方は、EclipseにSTSのプラグインを入れるという方法もあります。また、Eclipseのフルエディションをダウンロードされていた方は既に入っているかと思われます。)

①SpringToolSuiteのダウンロードとインストール

下記の公式サイトからダウンロードします

https://spring.io/tools

ダウンロードが完了したら、dmgファイルを起動します。
以下の表示がされると思うので、
「SpringToolSuite.app」を「Applications」へドラッグ&ドロップします。

これで、インストールまで完了です。

②SpringToolSuiteの日本語化(日本語化プラグインのダウンロードと適用)

続いて、STSの日本語化を行います。

次のサイトから日本語できる、Pleiadesというプラグインをダウンロードします。

https://mergedoc.osdn.jp/

OSはMacを選択します。

ダウンロードした「pleiades-mac.zip」をダブルクリックで展開します。
展開したフォルダ内に「setup.app」というファイルがあるので、それを起動します。

起動すると、日本語化ツールが表示されます。
「選択…」から「SpringToolSuite4.app」を選択します。

「日本語化する」を押下で日本語化が行われます。
日本語化が完了すると小さいウィンドウが表示されます。
これで、日本語化ツールは閉じて大丈夫です。

③SpringToolSuiteの起動

SpringToolSuiteを起動してみます。

アプリケーションからSpringToolSuite4.appを起動すると、ランチャーが表示されます。
自分の作業をしたいディレクトリを指定して、「起動」してください。


この様に日本語化されたSTSの画面が表示されたら起動完了です。

以上で、MacでのSTSの環境構築ができました。
これでSpringBootを使ってJavaの開発を行うことができます。

[参考サイト]
[MacにSpringBootをインストールする方法]

https://snome.jp/framework/springboot-install-mac/

Discussion

ログインするとコメントできます