🐕

【Ionic/Angular Universal】本番環境のみ強制SSL(httpsリダイレクト)の設定

1 min read

背景

Angularアプリケーションを、Google App Engineの環境にデプロイした利用しているアプリで、公式ドキュメントにある設定を試しても強制SSLが対応できなかった

https://cloud.google.com/appengine/docs/standard/nodejs/application-security?hl=ja

※ 一部抜粋

app.yaml
handlers:
- url: /.*
  script: auto
  secure: always
  redirect_http_response_code: 301

そのため、以下のAngularUniversalの設定ファイルにロジックを追記して、https以外のプロトコルの場合は強制的にhttpsにリダイレクトさせる設定を追加した

設定内容

server.ts
import { environment } from './src/environments/environment';

 ~~ 中略 ~~

// The Express app is exported so that it can be used by serverless Functions.
export function app(): express.Express {

  ~~ 中略 ~~

  // All regular routes use the Universal engine
  server.get('*', (req, res) => {
    // 本番環境のみhttps強制リダイレクト
    if (environment.production && req.headers['x-forwarded-proto'] !== 'https') {
      return res.redirect(['https://', req.get('Host'), req.url].join(''));
    }

    res.render(indexHtml, {
      req,
      providers: [{ provide: APP_BASE_HREF, useValue: req.baseUrl }],
    });
  });

  return server;
}

※ ローカル環境はhttpのままアクセスさせたかったので、本番環境のみhttpsにリダイレクトさせるようにした

参考

https://masahiro.me/2020/05/angular9-universal-https-redirect-heroku/

Discussion

ログインするとコメントできます