😊

Omeka S Image Serverモジュールの動的タイル画像生成における画像サイズの上限設定について

2022/04/05に公開約1,300字

Omeka SのImage Serverモジュールでは、アップロードされた画像に対して、動的にタイル画像を生成する機能があります。本機能を用いることにより、ユーザはJPG画像やPNG画像をアップロードするだけで、Omeka側でリクエストに応じたタイル画像の動的生成を行い、IIIF Image APIに準拠した画像配信を行うことができます。

※ 一方、サーバのスペックが限られている場合などは、この動的なタイル画像生成の処理に時間がかかる場合があります。この場合には、事前にタイル画像を生成しておく、といったオプションも選択可能です。こちらについては、後述します。

この動的なタイル画像の生成機能を用いる際、Image Serverモジュールの設定画面において、画像サイズの上限が指定されています。以下の例では、20MB以下の画像に対して動的なタイル画像生成を行い、それより大きな画像に対しては行わない、という設定になります。

デフォルト値では10MBになっており、10MBより大きい画像をアップロードした場合には、この上限設定により、タイル画像の動的な生成が行われず、解像度の低い画像しか配信されません。この問題にあたったケースがありました。同様のことでお困りの方がいらっしゃれば、今回のようなケースに該当しないか、ご確認いただくことをお勧めします。

なお、本モジュールのリポジトリでは、以下のような説明がなされています。サーバのスペックが高い場合には、10MB以上の画像に対してもタイル画像の動的な生成は可能であるが、そうでない場合は、事前にタイル画像を生成しておくことが推奨されています。

In case of big files, it is recommended to use vips or the command line version of ImageMagick, that is not limited by the php memory.

Furthermore, the limit of the size (10000000 bytes by default) can be increased if you have enough memory, so images won't appear blurry even if they are not tiled. Vips bypasses this limitation.

https://github.com/Daniel-KM/Omeka-S-module-ImageServer#dynamic-creation-of-tiles-and-transformation

以上、Image Serverモジュールの利用において、参考になりましたら幸いです。

Discussion

ログインするとコメントできます