🦔

Amazon Lightsailで起動したLAMP環境でgdriveを使用する

2022/05/12に公開

概要

Amazon Lightsailで起動したLAMP環境でgdriveを使用するための備忘録です。Google Driveへのファイルのバックアップなどが可能になります。

手順

まず、Amazon Lightsailにアクセスして、対象となるインスタンスにおいて、以下の「Connect using SSH」ボタンを押します。

以下のように、サーバにアクセスできます。

Linux ip-172-26-5-202 4.19.0-19-cloud-amd64 #1 SMP Debian 4.19.232-1 (2022-03-07) x86_64

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
       ___ _ _                   _
      | _ |_) |_ _ _  __ _ _ __ (_)
      | _ \ |  _| ' \/ _` | '  \| |
      |___/_|\__|_|_|\__,_|_|_|_|_|
  
  *** Welcome to the LAMP packaged by Bitnami 7.4.28-14                 ***
  *** Documentation:  https://docs.bitnami.com/aws/infrastructure/lamp/ ***
  ***                 https://docs.bitnami.com/aws/                     ***
  *** Bitnami Forums: https://community.bitnami.com/                    ***
Last login: Thu May 12 03:25:13 2022 from 72.21.217.186
bitnami@ip-172-26-5-202:~$

golangのインストール

以下のように、golangをインストールします。

bitnami@ip-172-26-1-210:~$ sudo apt-get install golang

以下のように、バージョンを確認できます。

bitnami@ip-172-26-1-210:~$ go version
go version go1.11.6 linux/amd64

gdriveのインストール

以下を実行します。

bitnami@ip-172-26-1-210:~$ go get github.com/prasmussen/gdrive

以下のように、バージョンを確認できます。

bitnami@ip-172-26-1-210:~$ ./go/bin/gdrive version
gdrive: 2.1.1
Golang: go1.11.6
OS/Arch: linux/amd64

認証

以下を実行すると、URLが表示されます。

bitnami@ip-172-26-1-210:~$ ./go/bin/gdrive about
Authentication needed
Go to the following url in your browser:
https://accounts.google.com/o/oauth2/auth?access_type=offline&client_id=...

Enter verification code:

取得した認証コードを貼り付けると、以下のように表示されます。

User: XXX
Used: XXX TB
Free: XXX B
Total: 
Max upload size: XXX TB

例えば以下を実行すると、Google Drive上のファイルをリストできます。

bitnami@ip-172-26-1-210:~$ ./go/bin/gdrive list

まとめ

以上、Amazon Lightsailで起動したLAMP環境でgdriveを使用するための方法をまとめました。

griveの使い方は以下で確認できます。ファイルのバックアップに使用するなど、参考になりましたら幸いです。

https://github.com/prasmussen/gdrive#usage

Discussion

ログインするとコメントできます