💭

Nuxt3をNetlifyおよびAWSにデプロイする方法の一例

2022/10/11に公開約2,000字

概要

Nuxt3をNetlifyおよびAWSにデプロイする方法の一例の備忘録です。

以下、構築例です。

Netlify

app.vue

https://nuxt3-nakamura196.netlify.app/

server/api/hello.ts

https://nuxt3-nakamura196.netlify.app/api/hello

AWS(Serverless)

app.vue

https://nuxt3.aws.ldas.jp/

server/api/hello.ts

https://nuxt3.aws.ldas.jp/api/hello

ソースコードは以下です。

https://github.com/nakamura196/nuxt3

以下、それぞれについて説明します。

Netlify

以下の記事を参考にすることで、BFFを含むデプロイができました。

https://blog.cloud-acct.com/posts/nuxt3-netlify-deploy/

AWS(Serverless)

Lambda Functions URLを使用する方法は以下の記事が参考になりました。

https://qiita.com/P3117/items/e2893804c3161a161a49

一方、今回はAPI Gatewayを使用する方法を示します。以下の記事が参考になりました。

https://stackoverflow.com/questions/73862456/nuxt-3-in-aws-lambda-with-serverless-framework

上記を参考にすることで、以下のようにデプロイすることができました。

https://9f4jl2wn81.execute-api.us-east-1.amazonaws.com/

こちらについて、カスタムドメインの設定を行います。以下、API Gatewayのみを使用する場合と、CloudFrontを用いる場合のそれぞれについて説明します。

API Gatewayのみ

API Gatewayの「カスタムドメイン名」から、ドメイン名を作成します。

その後、APIマッピングから、上述のAPIを選択します。

そして、Route 53でレコードを追加します。

これにより、以下のように、カスタムドメインを用いて公開することができます。

https://nuxt3-apigateway.aws.ldas.jp/

CloudFrontを用いる場合

CloudFrontのディストリビューションの作成において、オリジンドメインにAPI GatewayのURLを入力します。

「デフォルトのキャッシュビヘイビア」の「ビューワー」では、「Redirect HTTP to HTTPS」を選択しました。

「設定」において、代替ドメイン名およびカスタムSSL証明書を指定します。

最後に、Route 53でCloudFrontのドメイン名を用いたレコード追加を行います。

これにより、以下のように、カスタムドメインを用いた公開を行うことができました。

https://nuxt3.aws.ldas.jp/

まとめ

他にもより良い方法があるかと思いますが、Nuxt3のデプロイに関して参考になりましたら幸いです。

またSPAやSSGとしてデプロイする場合には、GitHub Pagesを利用する方法もあるかと思います。

用途に応じて使い分けていきたいと思います。

Discussion

ログインするとコメントできます