Open1

JupyterLab環境構築メモ

実行環境

  • macMOS Catalina ver10.15.7
  • zsh
    • 設定は全て~/.zshrcに記載
  • Homebrewインストール済

JupyterLabのインストール

コマンド
$ pip install jupyterlab

拡張機能のためにNode.jsの環境構築

Nodebrewのインストール

brewコマンドでインストールする

コマンド
$ brew install nodebrew

インストールできているかチェック

コマンド
$ nodebrew -v
結果
nodebrew 1.0.1

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (from binary)
    nodebrew compile <version>            Download and install <version> (from source)
    nodebrew install-binary <version>     Alias of `install` (For backward compatibility)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install
    nodebrew install v8.9.4

    # use a specific version number
    nodebrew use v8.9.4

Node.jsのインストール

nodebrewでインストール

安定版をインストール
$ nodebrew install-binary stable
最新版をインストール
$ nodebrew install-binary latest

インストールされたNode.jsを一覧で確認

コマンド
$ nodebrew ls
結果
v14.14.0

current: v14.14.0

currentの部分がnoneになっている場合は以下のようにしてアクティベートする

コマンド(v14.14.0を使う場合)
$ nodebrew use v14.14.0

PATHを通す

私は.zshrcに全ての設定を書いているので以下

コマンド
$ echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.zshrc

Node.jsが使えるのか確認

コマンド
$ node -v

JupyterLabの拡張機能インストール

Variable Inspector

変数の中身を別タブで常に一覧表示することができる

コマンド
$ jupyter labextension install @lckr/jupyterlab_variableinspector

Table of Contents

Markdown記法で書いた見出しがメニューバーに一覧表示されクリックすることで該当セルまでジャンプできる

コマンド
$ jupyter labextension install @jupyterlab/toc

Kite Autocomplete Extension for JupyterLab

JupyterLabの入力補完機能を大幅に強化してくれる
各種メソッドだけでなく自分が定義した関数や変数も予測してくれる

本体のインストール

コマンド
$ pip install jupyter-kite

JupterLabの拡張機能のインストール

コマンド
$ jupyter labextension install "@kiteco/jupyterlab-kite"

参考ページ
MacにNode.jsをインストール - Qiita

JupyterLabのおすすめ拡張機能9選 - Qiita

JupyterLabでサクサクコード補間!jupyterlab-kiteの導入 - Qiita

ログインするとコメントできます