💭

WebブラウザでWebAssemblyをDeno(TypeScript)で書いたコードで読み込む

3 min read

みなさんDenoやってますか?流行ってますもんね!
あとWebAssemblyもやってますか?流行ってますもんね!
んでDenoを使ってWebAssemblyを実行させたいんだけど、Webブラウザ上でそれをやるのにどハマリしたので、備忘録です。
webpackを使う方法はググればたくさん出てくるんですけど、Denoでは見つからなかったんですよね...。
やっぱDenoはDenoだけで完結したいじゃないですか!

というわけで以下をどうぞ!

実行環境

ディレクトリ構成

.
├── Cargo.toml
├── server
│   └── public
│       ├── greet.html
│       └── ts
│           └── greet.ts
└── src
    └── lib.rs

Cargo.toml

libにcdylib、dependenciesにwasm_bindgenを指定します。

[package]
name = "wasm-deno"
version = "0.1.0"
authors = ["nabezokodaikon <nabezoko.daikon@gmail.com>"]
edition = "2018"

[lib]
crate-type = ["cdylib"]

[dependencies]
wasm-bindgen = "0.2.74"

Rustコード(./src/lib.rs)

シンプルにアラートを呼び出します。

extern crate wasm_bindgen;

use wasm_bindgen::prelude::*;

#[wasm_bindgen]
extern "C" {
    pub fn alert(s: &str);
}

#[wasm_bindgen]
pub fn greet(name: &str) {
    #[allow(unused_unsafe)]
    unsafe {
        alert(&format!("Hello, {}!", name));
    }
}

TypeScriptコード(./server/public/ts/greet.ts)

WebAssemblyへアラートを表示するように指示します。
ここでハマりました...。
wasmファイルはファイルプロトコル(file://)でしか読み込んでくれなく、別途、fetchで動的に読み込むことにしました。

import init, { greet } from '../pkg/wasm_deno.js';
async function run() {
  const file = await fetch('public/pkg/wasm_deno_bg.wasm'); 
  await init(file);
  greet('nabezokodaikon');
}
run();

Webページ(./server/public/greet.html)

最終的に出力するgreet.jsをscriptタグに指定しておきます。

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8"/>
    <title>Deno in WebAssembly</title>
  </head>
  <body>
    <script src="js/greet.js"></script>
  </body>
</html>

準備

1. wasm-bindgenをインストール

cargo install wasm-bindgen-cli

2. wasm32-unknown-unknownツールチェインを追加

rustup target add wasm32-unknown-unknown

WebAssemblyをDenoで読み込む

1. ターゲットをwasm32-unknown-unknownにしてビルド

cargo build --target wasm32-unknown-unknown --release

すると、target以下のディレクトリに、WebAssemblyを実行するために必要なファイルが二つ作成されます。
./target/wasm32-unknown-unknown/release
wasm_deno.d
wasm_deno.wasm

2. wasm-bindgenを実行して、TypeScriptから読み込むファイルを生成

ターゲット--targetwebにするのがポイントです。
denoもオプションにありますが、Webブラウザ上で実行できるコードを生成してくれません。
--out-dirオプションで、生成先を指定できます。

wasm-bindgen target/wasm32-unknown-unknown/release/wasm_deno.wasm --target web --out-dir ./server/public/pkg

ここまでのディレクトリ構成です。(不要なファイルは省いています。)

.
├── Cargo.toml
├── server
│   ├── http.ts
│   └── public
│       ├── greet.html
│       ├── pkg
│       │   ├── wasm_deno.d.ts
│       │   ├── wasm_deno.js
│       │   ├── wasm_deno_bg.wasm
│       │   └── wasm_deno_bg.wasm.d.ts
│       └── ts
│           └── greet.ts
├── src
│   └── lib.rs
└── target
    └── wasm32-unknown-unknown
        └── release
            ├── wasm_deno.d
            └── wasm_deno.wasm

3. JavaScriptファイルを生成

Denoを通して、TypeScriptをJavaScriptに変換します。

deno bundle server/public/ts/greet.ts server/public/js/greet.js

実行

deno run --allow-net --allow-read  https://deno.land/std@0.98.0/http/file_server.ts

そして表示されたホストから、以下のアドレスにアクセスします。
http://localhost:4507/server/public/greet.html
アラートが表示されれば成功です!

Discussion

ログインするとコメントできます