ライブ配信プラットフォームの紹介【Twitch】

公開:2020/09/17
更新:2020/09/17
2 min読了の目安(約1300字IDEAアイデア記事

はじめまして、nabeといいます。

Hello Zennしたかったですが、ぱっとネタが思いつかなかったのでプラットフォームの紹介でも。

最近、YouTubeなどでエンジニアの方も技術動画を配信されたりしていますね(最近に限った話でもないかな?)
かくいう私も、たまにYouTubeで配信しています。

そして配信には、OBSと呼ばれる録画&配信ソフトを使用しています。
私は詳しくないのですが、配信界隈では有名なソフトみたいですね。

ただこれが設定が多くて、私みたいな初見さんには結構使い方が難しい(勉強しろよって話ではありますが...w)。

そんなこともあって、もっと手軽に画面配信できるプラットフォームかソフトないかな〜と思って出会ったのが、タイトルにもあるTwitchと呼ばれるプラットフォームでした。
これも結構有名なサイトみたいですね。

ぱっと見た感じだと、ゲーム配信されてる方が多いサイトなのかなって印象でしたが、探せば技術系の配信されてる方も多くはないですがチラホラいました。

なのでつい先程、私自身も配信試してみたところです。

で、結論いうと、めちゃくちゃ簡単に配信できてとても良かったです!

何が良いかと言いますと、Twitch自体が公式に推奨しているTwitch Studioという配信ソフトがありまして、これがとても簡単に使える。

簡単に画面を見せると、
①まずこんな画面で、配信したいウィンドウやディスプレイを選択します。カメラを使って自分自身を画面内に撮すことも簡単にできます。

②あとは「配信を始める」をクリックするだけで配信が開始されます。簡単すぎる。

③事前に「退席中」などのステータスごとの画面を用意しておいて、サイドメニューからワンクリックで切り替えることもできます。

いかがでしょう?私自身こういった配信プラットフォームやソフトに詳しくないので、探せばもっと良いプラットフォームなどあるかもですが、少なくともTwitchを触った所感はとても良かったです。

強いて言うなら、YouTubeなどと比べるとやっぱりゲーム配信がメインで技術系はまだまだ少数かな、といった印象でした。

Twitch Studioを使ってYouTube配信できるようになれば最高なんですけどね。。

それでは。