Closed17

WSL2の環境構築

WSL2にてUbuntuをインストールしていてユーザーの設定までできている前提

まずは更新から

sudo apt update
sudo apt upgrade

Homebrewを入れる

https://brew.sh
/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

パスを通す(これやってねって表示されるので指示通りに実行する)

echo 'eval "$(/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)"' >> /home/<USERNAME>/.profile
eval "$(/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)"

インストールできているかチェック

brew -v

fishを入れる

https://fishshell.com
brew install fish

デフォルトのshellにする

sudo sh -c "echo /home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/fish >> /etc/shells"
chsh -s /home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/fish

shellを開き直して変更されているかチェック

fishでbrewのPATHを通す

echo 'eval (/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)' >> ~/.config/fish/config.fish
eval (/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)

※starshipを使う方法に変えるためこの手順は実行しなくしました

fisherでテーマのインストール

fisher install oh-my-fish/theme-agnoster

文字化けするのでフォントを入れる

https://github.com/miiton/Cica
curl -L -O https://github.com/miiton/Cica/releases/download/v5.0.2/Cica_v5.0.2_with_emoji.zip
brew install unzip
unzip Cica_v5.0.2_with_emoji.zip

sudo mkdir /usr/share/fonts/truetype/cica
sudo cp *.ttf /usr/share/fonts/truetype/cica

sudo apt install fontconfig
sudo fc-cache -vf

かくにん

fc-list | grep cica

Windowsにもフォントをインストールする

https://github.com/tonsky/FiraCode

Windows TerminalやVSCodeでフォントの設定を行う

Ctrl+ Shift + PTerminal:Select default shellにて"WSL"を選択してデフォルトのターミナルを変更する

asdfを入れる

brew install asdf

https://asdf-vm.com/guide/getting-started.html#_3-install-asdf
echo -e "\nsource "(brew --prefix asdf)"/libexec/asdf.fish" >> ~/.config/fish/config.fish

asdfのローカルバージョンは.tool-versionsに登録されるが、
既存で.ruby-version.node-versionを使っていて、そこを参照してほしい場合は以下設定すればよい

~/.asdfrc
legacy_version_file = yes

nodejsのバージョン管理をできるようにする

asdf plugin add nodejs
asdf list all nodejs
asdf install nodejs 16.13.0
asdf global nodejs 16.13.0

node -v
npm -v

Starshipに変更するため、fisherで入れたテーマを削除する

fisher remove oh-my-fish/theme-agnoster

Starshipのインストール

brew install starship

~/.config/fish/config.fishに以下追記

starship init fish | source

Git関連のセットアップ

gitはbrewで管理するようにする

sudo apt purge git
brew install git

認証情報を保持してもらう

git config --global credential.helper store

GPG署名できるようにする

https://www.gpg4win.org

鍵長は4096と最大値に設定
Real Nameは4文字だめだったので適当なやつにして、メールアドレスをGitHubで使っているものにした

gpg --full-generate-key

作成した鍵を見て

gpg --list-secret-keys --keyid-format LONG

xの部分をコピー

/home/n04h/.gnupg/pubring.kbx
-----------------------------
sec   rsa4096/xxxxxxxxxxxxxxxx 2021-11-10 [SC]
      yyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyyy
uid                 [ultimate] setsuna <contact@n04h.jp>
ssb   rsa4096/zzzzzzzzzzzzzzzzzz 2021-11-10 [E]

このコマンドに設定して実行

gpg --armor --export xxxxxxxxxxxxxxxx

すると以下みたいなのが出力されるはず

-----BEGIN PGP PUBLIC KEY BLOCK-----
xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
-----END PGP PUBLIC KEY BLOCK-----

これを以下に設定

https://github.com/settings/gpg/new

署名に使う鍵を指定

git config --global user.signingkey xxxxxxxxxxxxxxxx

デフォルトで署名するようにする

git config --global commit.gpgsign true

catの代替としてbatをインストール

brew install bat

aliasを設定

echo -e "\nalias gp='git push origin HEAD'" >> ~/.config/fish/config.fish
echo -e "\nalias gf='git fetch -p'" >> ~/.config/fish/config.fish

rubyいれる

asdf plugin add ruby
asdf list all ruby
asdf install ruby 3.0.3

ここでconfigure: error: C compiler cannot create executablesとエラーがでたので、これを実行

sudo apt install -y zlib1g-dev build-essential

するとできた

asdf install ruby 3.0.3
asdf global ruby 3.0.3

ruby -v

以下参考にCloud SDKをインストールする

https://cloud.google.com/sdk/docs/downloads-interactive?hl=ja#linux-mac
curl https://sdk.cloud.google.com | bash

俺の場合Windwos側に以前にインストールしていた関係か、
そっちにパスが通ってしまったのでそちらについてはアンインストールを行った。

C:\Program Files (x86)\Google\Cloud SDK\Uninstaller.exeを実行した

terraformをasdfで管理する形で入れる

asdf plugin add terraform

最新バージョンを確認してインストール

asdf list all terraform
asdf install terraform 1.1.7

適用

asdf install terraform 1.1.7
terraform -v
このスクラップは2021/11/11にクローズされました
ログインするとコメントできます