😸

【Phaser3】JSONファイルを読み込む

2022/08/07に公開約700字

はじめに

Phaser3にて、jsonファイルでゲームのデータを管理し、読み込むタイミングがあったが注意するべき点があったので、メモ。

内容

Phaser3ではシーンという概念が存在し、指定のタイミングで実行される関数が用意されている(preload(), create(), update())。
下記のように指定の関数内で処理を呼ぶことでjsonファイルを読み込み、ファイルの値を取得する。

jsonファイル読み込み
    preload() {
        // jsonファイルの読込
        this.load.json("key", "./assets/json/test.json");
    }
    
    create() {
        // jsonファイルの読込結果を変数に代入
        let jsonObj = this.cache.json.get("key");
    }

詳細

preload()は画面表示前、create()は画面生成時、update()は各関数が終了した後、1フレームごとに呼ばれる。
肝心なのは、preload()にてthis.load.json("key", [jsonファイルのパス])でファイルを読み込み、create()にてthis.cache.json.get("key")を実行しオブジェクトを取得する。

ファイルを読み込んですぐオブジェクトを取得しようとしても、エラーになってしまうので注意。

参考文献

Discussion

ログインするとコメントできます