いまさら… VirtualBox に Windows10をインストールをして

5 min read読了の目安(約5000字

まっさらな Windows10環境が必要になった

いまさら「VirtualBox に Windows10」ってなことです。が、もうこの手の記事は、オナカいっぱいになるぐらいあるので、てけとーに流してもらってOKです。

もともと Hyper-V 使いたかったけど何故か使えないし放置していたのですが、前回数年前も3日ぐらいはまってたので記事にしてみた。

リモートディスクトップというか

LinuxではKVMつかってるんですが、Windowsをリモートディスクトップで使うのが遅くて嫌いだったのですが、このコロナ渦、自宅でテレワークしてたら慣れてしまったのと勉強用にツールインストールにも便利だなと思った次第。

前置き終わり。Hyper-V 使えないんじゃ!

BIOSの設定できれば非常に簡単に導入できる。・・・・はずなのですが、毎回なんかしら使えない。3日なやんだ経緯と結果をメモっとく(ちょっと長いです)。
なにかしら参考になればと思います。(=未来の俺も)

Hyper-V 設定前に VirtualChecker で下記の状態になっているのを確認する。

02.png

はい。あとは簡単です。下記の手順でOK!!つかえる!!

Hyper-Vで仮想マシンをたてるまでの手順

ヨシ!! 開発環境を無償(90日間限定)を入れてみる!立ち上がらん(というかエラーになる)

Hyper-Vにお試しWindows10環境をクイック作成して日本語化する方法!

設定を見直し Hyper-V を設定したり外したり、、意味がわからんのです。AMDのCPUだからできないのか?と、うろうろしていると。

Hyper-vを有効化できない

症状が同じなのでこれかも!!とやってもだめ。

image.png

Windows10だけ?と思いつつ、Ubuntu いれてみるとあっさり動く。わけがわからん。

結論として

当初の目的 「Hyper-V にWindows10をインストール」ができず。とりあえずもやっとしていますが。下記としています。
そして VirtualBox で Windows10 を動かしてます。

・AMD-V/SVM を有効化
・Hyper-V を使用可能
・Hyper-V をオフ (Hyper-V をオン/オフする方法

03.png

VirtualBox に Windows10

VirtualBox で読み込む Windows10 の ISOを先に取得しておきます。

Windows10 の ISOファイルをダウンロード・作成

VirtualBox は ここからダウンロード します。インストールは、、まあ普通にできますよね。

Windows10 の メディア(ISO)があればあとは簡単。以下のサイトを見ながらインストールする。

VirtualBoxにWindows10をインストールする

やっておいた方がいい設定

デフォルトの設定だと使いにくいかもしれない。かつマウスもカクカクしてイラっとしたw。10分ぐらいで使う気が失せたが設定だったw。

マウスがカクカクするんだが

Guest Additions をインストール(VBoxWindowsAdditions.exe)するといい。ISOから Windows10 をインストールした場合、光学ドライブ(CD)が外れてしまっているので自分でマウントすればいい。

Guest Additionsをインストールする方法 (Ver.6.1)

それでも治らない場合は、電源オプションが悪さしている可能性があるらしい。

VirtualBoxでカーソルのカクカク解消

ホストOSとゲストOSクリップボードが共有できない

これもGuest Additions をインストールするといい。

ディスプレイ設定がVGA最大?

これもGuest Additions をインストールするといい。

スケールモードから戻ったらメニューが消えた

メニューが消得た場合の復帰方法。
デフォルトで「キーボード右側のCTRL + C」もしくは「キーボード右側のCTRL + HOME」これでメニューがでる!

Oracle VirtualBoxでスケールモードから戻れなくなったときの対処方法 | 仮想マシンソフト

描画がおかしい固まる

設定メニューやウインドウメニューだすと描画がおかしくなる。これ "3Dアクセラレーションを有効化" チェックしない。

image.png

VirtualBoxのリモートディスプレイ機能を使いたい

VirtualBox Extension Pack を入れると使えます。ただこの Extension Pack ライセンスがあるので個人使用なら問題ないが、商用利用は…という感じですので会社で使うときは気つけること。

image.png

NAT は嫌だ!!同じネットワークアドレスにしたい

デフォルトがNATなので、同じネットワークアドレス(例えば 192.168.10.x)にしたいときは、割り当てを "ブリッジアダプタ" に設定すればよい。
会社でVMつくるときこの設定にすると怒られる場合あるので、気つけて。

VirtualBox のネットワークアダプタまとめ

image.png

それでも遅いんだが!?

ってときは、以下の設定をするといいらしい。

・マザーボード
  チップセット:ICH9
image.png

・プロセッサ
  拡張機能:PAE/NXを有効化, ネステッドVT-x/AMD-Vを有効化
image.png

・アクセラレーション
  下記、赤い箇所
image.png

・スクリーン
  "3D” のチェックしないw
image.png

落ちる、起動しないんだけど

メモリ、CPU個数とか増やしすぎかもしれません。
メンドクサイかもしれないけど1つ1つ設定をして再起動がいいですよ。問題個所を特定しやすいです。

まとめ

ここまで設定してあげると早いですね。CentOSとかUbuntuなんかも同じように設定すればいいんだろうか・・・。
ま、これなら VM で Windows10 つかうのもいい感じ。かつリモートワークするときに自宅PCに VPN 設定したくないなあっておもっていたので丁度いいかも。

メモリ 32Gじゃ足りないかな~~、サイバーマンデーでメモリ買うかな。

他参考サイト

図解! Oracle VirtualBoxが重い/遅いときの対処方法 | 仮想マシンソフト
Oracle VirtualBoxでコピー&ペースト(コピペ)ができない原因と対処方法 | 仮想マシンソフト
VirtualBoxのGuestAdditionsインストール失敗の原因
Oracle VirtualBoxでスケールモードから戻れなくなったときの対処方法 | 仮想マシンソフト
【Windows】OSのライセンス利用期限を延長する[slmgrコマンド]