📝

CentOS7でcode-server を立ててみる、、いまさら?? でも5分で実行できるよ

2021/04/05に公開約1,800字

code-server を立ててみる

いまさらなんですが code-server 立てて遊んでみました。これいいですね ブラウザで Visual Studio Code(以下vscode)が動くって言うのがね。ちなみに CentOS7 で動作確認しました。

code-server ってなんぞや

上記に書いてあるとおりなのですが、Linuxサーバ側でこの code-server を起動すればブラウザ経由でファイルを編集することができます。また vscode のインターフェースを使用するので黒い画面に拒否反応ある人にはうってつけですね。
また各設定を正しくすれば、プログラム実行&debugerできて便利そう(今回は、立ち上げるだけ)

code-server を起動してみる

リモートサーバー上でvscodeを動かしてブラウザからアクセスする ―code-serverのススメ を見ながら起動してみます。
docker入れるのが面倒だったのでバイナリファイルから実行してみます(笑)。

ドキュメントは英語ですが整備されています。
 ・Set up instance
 ・バイナリ 2020/2/21 時点で 2.1698-vsc1.41.1 が最新のようです

非武装地帯 (DMZ)にいるのでパスワードなしで起動

$ ./code-server ../ --auth=none

コマンドラインを見るとエラーなく起動している
vscode_server_1.png

ブラウザからアクセスしてみる

vscode_server_2.png

いい感じですね。これなら黒い画面が嫌とは言われない気がする。

GLIBCXX_3.4.14 以上が必要なようです

CentOS6(2020/11/30 まで)だと libstdc++ ライブラリが古く比較的新しいソフトウェアを実行することができないようです。どうしてもCentOS6で…という方以外は、素直に新しいOSで実施した方がよいみたいです。
CentOS6 の libstdc++ を更新する

色々と便利そう

なんだかvscode本体よりバージョンが低いようで、拡張機能マネージャーからインストールできる拡張機能が制限されるようです。そう言ってもGUIで編集できるメリットは高いですね。
もちろんセキュアなサーバに入れて”だれだよ!このファイル変更したのは!”という使い方はしないでしょうが、viでファイル編集したり、windowsからsftpしたりするよりは効率がよさそうですね。

参考サイト

リモートサーバー上でvscodeを動かしてブラウザからアクセスする ―code-serverのススメ
自宅サーバーで Docker + Nginx + code-serverを動かそうとした話

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます