🗂

getopt によるコマンドライン引数解析

2022/05/05に公開

getopt によるコマンドライン引数解析

getopt のサンプルプログラム

bash 用のサンプルは以下

https://github.com/util-linux/util-linux/blob/master/misc-utils/getopt-example.bash

Ubuntu 22.04 では /usr/share/doc/util-linux/examples/getopt-example.bash にインストールされている

getopt の使い方のポイント

  • bash で利用可能 (tcsh用のサンプルもあるので tcshも可能な模様)
  • -o で短いオプションを指定する
  • --long または -l で長いオプションを指定する。各項目はカンマで区切る
  • 短いオプション、長いオプションともに引数をとるオプションの場合は : を指定する
  • オプション引数が省略可能な場合は :: を指定する。
  • while ループで順番に引数を処理する。
  • 処理が終わった引数に関しては shift でずらす。
  • 現在処理中のオプションに関しては $1 で参照する。
  • オプションの引数は $2 で参照する。
  • オプション引数が省略可能な場合は $2 が空かどうか確認する。
  • 引数ありのオプションの場合 shift 2 でずらす

getopt のヘルプ

http://manpages.ubuntu.com/manpages/bionic/ja/man1/getopt.1.html

Discussion

ログインするとコメントできます