🙆

(iOS)AirDropを受信した際にアプリ選択のダイアログが表示されない場合の対処法

2022/09/18に公開約1,400字

結論

原因はiOSのWiFiの不具合です。以下の手順で解消します。

  1. 設定アプリを開く
  2. 一般を開く
  3. 「転送またはiPhoneをリセット」を開く
  4. 「リセット」ボタンを押す
  5. 「ネットワーク設定をリセット」を選ぶ

上記の手順でリセットされるのはWiFiの設定のみです。モバイルの設定には影響しませんから、例えばAPNが削除されることはありません。

はじめに

以下の組み合わせで不具合に遭遇しました。

  • iPhone 13(iOS 15.6.1)
  • MacBook Pro 14インチ 2021年モデル(macOS Monterey 12.5.1)

不具合の詳細

AirDropを利用してMacBookからiPhoneへPDFファイルを送信したところ、MacBook側は送信済みと表示されているのにiPhone側は何も表示されませんでした。

正常な動作

  1. Finder上でPDFファイルを選択→共有→AirDropを選ぶ
  2. 送信先一覧が表示されたら送信先を選ぶ
  3. AirDropの受信が完了するとiPhoneのバイブが鳴る
  4. iPhoneにアプリ選択のダイアログが表示される
  5. Finderの送信先一覧には送信済みと表示される

遭遇した不具合

  1. Finder上でPDFファイルを選択→共有→AirDropを選ぶ
  2. 送信先一覧が表示されたら送信先を選ぶ
  3. AirDropの受信が完了するとiPhoneのバイブが鳴る
  4. アプリ選択のダイアログが表示されない
  5. Finderの送信先一覧には送信済みと表示される

違いは4.のみです。iPhoneのバイブが鳴っているのでデータは受信できているようですが、アプリ選択のダイアログが表示されません。

調査

iPhoneのストレージを確認したところ、空き容量は変化していませんでした。つまり、AirDrop受信後のアプリ選択のダイアログで「キャンセル」を選んでPDFファイルを破棄した場合の挙動と同じです。

AirDropにはファイルの種類に応じて自動的に破棄する機能はありませんし「次回からアプリ選択ダイアログを表示しない」というチェックボックスもありません。また、MacBookとiPadの組み合わせなど、他のデバイス同士では不具合が発生しないことからiPhone固有の不具合と判断しました。

なお、iPhoneからMacBookへのAirDropは正常に動作していました。写真を送信したり、Safariで開いているWebサイトを共有したり、ひととおり試しましたが不具合には遭遇しませんでした。

具具合の確実な再現手順は発見できていませんが、一度AirDropでPDFファイルを送信した直後に、もう一度同じPDFファイルを送信すると発生しやすい気がします。同じファイルかどうかはターミナルを開いてshasumでハッシュ値を確認しました。

今回の不具合と関係しているか定かではありませんが、AirDropを利用して猥褻画像を送りつける事案への対策として、連続して受信できるインターバルが設定されているのかもしれません。その閾値に達した場合に暗黙の受信拒否モードになるのかもしれません。

おわりに

iPhoneのAirDropが不調のときはネットワークのリセットを試すべし

Discussion

ログインするとコメントできます