😵

誤って他リポジトリのIssueを参照してしまった際の対処法

1 min read

概要

GitHubにはIssueを参照する機能があります。
IssueやPull Requestなどの関連が一目で分かる大変便利な機能なのですが、誤って参照した際に簡単に消せないという問題があります。(コメントからリンクを消しても残るなど)
今回これにハマってあたふたしてしまったので備忘録として残します。

やらかし

自分用のツールを開発していたところ、原因不明のバグが起きて困っていました。
調査の末、依存していた別ツールのバグが原因であることが無事判明しました。
そのリポジトリを覗き、このバグのIssueが立てられていることを知った僕は、このことを忘れないように自分のリポジトリにIssueを立てておくことにしました。
このとき無意識にIssueのリンクを直接貼ってしまい、「〇〇さんがこのIssueを参照したよ!!」 と表示されてしまいました...

自分のしょうもないリポジトリのIssue
立ててしまったIssue

クソデカリポジトリのIssue
表示されてしまったもの

対処法

かなり力技ですが、Issueごと削除すれば解決します。
Issueの削除は右下の"Delete issue"ボタンから行えます。
(もしより良い方法がありましたらお教えください🙇‍♂️)

Issueの削除
"Delete issue"ボタン

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます