📦

UPM Release Notes - 2020.2 API Changes

1 min read

はじめに

この記事は、 2020年版 Unity Package Manager の Release Notes 全部抜く の部分記事です。

Unity 2020.2 での Unity Package Manager に関する API Changes を詳細を記しています。

API Changes

パッケージのインポートとコンパイルが完了すると呼ばれる UnityEditor.PackageManager.Events.registeredPackages という event を追加

Added: Added a new UnityEditor.PackageManager.Events.registeredPackages event which is raised after the editor is done importing and compiling the new list of packages.

この手の Delegate 登録の口がちゃんと用意されるのは助かる。

新しいパッケージをインポートしようとする前に呼ばれる UnityEditor.PackageManager.Events.registeringPackages という event を追加

Added: Added a new UnityEditor.PackageManager.Events.registeringPackages event which is raised before importing the new list of packages;

この手の Delegate 登録の口がちゃんと用意されるのは助かる。

強制的にパッケージを再同期するメソッドを追加

Added: Added a new UnityEditor.PackageManager.Client.Resolve() method that forces the Package Manager to resolve packages again and re-synchronize the package cache.

2019.3 にもありましたね。

ロックファイルの利用がデフォルト有効に

Changed: The enableLockFile option is now enabled by default when absent from the project manifest

2019.3 にもありましたね。

Discussion

ログインするとコメントできます