📦

UPM Release Notes - 2020.1 Improvements

2 min read

はじめに

この記事は、 2020年版 Unity Package Manager の Release Notes 全部抜く の部分記事です。

Unity 2020.1 での Unity Package Manager に関する Improvements を詳細を記しています。

Improvements

診断機能にヘルスチェック機能を追加

Added a diagnostic check to Package Manager Diagnostics that starts Unity Package Manager and sends a request to its health check endpoint.

起動時にエンドポイントにリクエスト投げてヘルスチェックをしているそうな。

何のヘルスチェックなんだろ?

スピナーにツールチップ追加

Added tooltips to the In-progress spinner in the Package Manager Window.

「今やっていること」を明示するようになった、ってコトかな?

Image

新しいアイコンとツールチップを追加

Adds new icons and tooltips in the Package Manager Window.

何が追加されたのかは不明。

些細なコンフリクトであれば自動解決する

Dependency resolution now automatically resolves trivial conflicts.

マイナーバージョンかパッチバージョンの衝突なら自動解決、って感じかな?

どこかに依存解決に関する詳細なドキュメントはないモノか…。

概要のドキュメントは見つけたけど、細かい仕様については分からず…。

Registry へのメタデータ問い合わせのパフォーマンスを改善

Improved performance of Package Manager metadata requests sent to the registry.

リクエスト回数減らしたとかそういう系の話しかな?

UPM の状態をキャッシュすることでプロジェクト読み込み時間を改善

Improved project loading time through caching Unity Package Manager state on disk.

ココで言う state とはどんな状態のコトなんだろうか?

Packages/package-lock.json のコトではない…よね?

My Assets のパッケージを選択中は All Packages への切り替えを無効にする

Prevented switching to the All Packages mode ehen selecting a UPM Asset Store package in My Assets.

s/ehen/when/ かな?

というか、そもそも All Packages 的なモノって今は存在していないのでは…?良く分からんな…。

AdaptivePerformance をアプデ

Updated com.unity.adaptiveperformance and com.unity.adaptiveperformance.samsung.android verified packages to 1.1.0.

汎用のソレと、Samsung 用のをそれぞれ v1.1.0 に上げたトノコト。

Discussion

ログインするとコメントできます