📦

UPM Release Notes - 2020.1 Features

4 min read

はじめに

この記事は、 2020年版 Unity Package Manager の Release Notes 全部抜く の部分記事です。

Unity 2020.1 での Unity Package Manager に関する Features を詳細を記しています。

Features

Project Settings 内に UPM の詳細設定を追加

Add advanced settings to Package Manager in Project Settings.

Scoped Registries の設定とかもできるようになりました。

Image

Image

Preview Packages In Use メニューを追加

Added Preview Packages In Use drop down menu.

Collaborate とか Services とかのボタンの左に特別なメニューが追加された。

Image

Image

  • Dismiss for now: 一時的に非表示にする
  • Show Preview Packages…: In Projects なパッケージをプレビューなモノで絞り込み
  • Why am I seeing this?: プレビューパッケージ一覧のページに飛ばされる(凄いメニュー名だな…。)

Enable Preview Packages の状態をプロジェクト設定として保持

Added new "Enable Preview Packages" Project setting for Package Manager.

実際に保存されているファイルは ProjectSettings/PackageManagerSettings.asset が該当する。

Git パッケージの指定に於いて、サブディレクトリを指定可能に

Added support for a Git package to be located in a repository sub-folder.

めっちゃ嬉しい機能。

Git URL の指定に Query String として ?path=/path/to/directory/ といった形式で package.json が存在するディレクトリのリポジトリルートからのパスを指定する。

Asset Store にホストされている UPM パッケージ形式のアセットをサポート

Added UX support for the UPM package format hosted on the Asset Store.

遂に Asset Store との完全なる統合が果たされた!

アセットパブリッシャーが UPM パッケージ形式のバイナリを登録している場合、Asset Import ではなく UPM パッケージの取り込みという形でプロジェクトに組み込まれるようになる。便利!

ちなみに、Asset Store にアクセスすると次のようなページが表示されるようになりました。ドラスティック!

Image

環境変数から UPM 設定ファイルのパスを指定可能に

Introduced two new environment variables to override user and global configuration files path: UPM_GLOBAL_CONFIG_FILE overrides the default path of the global configuration file; and UPM_USER_CONFIG_FILE overrides the default path of the user configuration file.

デフォルトのパスを上書き出来るようになりました。

  • UPM_GLOBAL_CONFIG_FILE: システムワイドの設定ファイルパス
  • UPM_USER_CONFIG_FILE: ユーザ毎の設定ファイルパス

ビルドサーバとかで Scoped Registries の認証情報とかをビルド毎に上書きしたい場合なんかは、UPM_USER_CONFIG_FILE を設定した状態でビルドすると幸せになれるかも?

Reset Packages メニューの場所を Advanced menu の最下部に移動

Moved the Reset Packages option to the bottom of the Advanced menu in Package Manager window, and added a separator between it and the preceding options.

2019.4 までは Help > Reset Packages to defaults という若干分かりづらい場所にあった。

被依存のパッケージ情報も表示

The Package Manager window now displays a package's reverse dependencies.

これも地味に嬉しい機能。

Image

このパッケージ使ってるのは誰?みたいなのを探しやすくなりました。

Asset Store のパッケージをメタデータでソート・フィルタ可能に

The Package Manager window now supports sorting and filtering by metadata for Asset Store packages, and supports sorting for other tabs.

Image

Image

ついでに、Asset Store 以外のタブでもソートが使えるようになったトノコト。

Window の使い心地を他のエディタウィンドウに近づける

The selection experience in the Package Manager window now matches other Editor windows in terms of color scheme, and the behavior of undo/redo. A custom editor shows the selected package's information.

今まで割と特殊な操作性でしたからね。

UI が UPM パッケージとしてではなく、エディタに統合されたのも大きいのかな?

プレビューパッケージの利用を強調

Updated the look of the Package Manager window to highlight preview package usage.

「プレビューはあくまで評価版なわけでして、製品版で使うもんじゃないからね!」ってアピールしてくれています。

Image

Discussion

ログインするとコメントできます