📦

UPM Release Notes - 2020.1 Changes

1 min read

はじめに

この記事は、 2020年版 Unity Package Manager の Release Notes 全部抜く の部分記事です。

Unity 2020.1 での Unity Package Manager に関する Changes を詳細を記しています。

Changes

Cinemachine が Verified に

Added verified status to Cinemachine, and updated the minimum version.

下限バージョンを更新してるとのこと。

パッケージ一覧の各アイテム行を1行にする

Changed the design of the items in the Package List to be one line

今まで2行とかでしたっけ…?覚えてない…。

Unity Registry とオレオレ Registry とを分離

Split All Packages into Unity Registry and My Registries.

オレオレ Registry is Scoped Registry のコトね。

一覧表示の絞り込み時点で分かれてる。

Image

Cinemachine を v2.6.0 にアプデ

Upgraded Cinemachine to 2.6.0. See Cinemachine 2.6 release notes

詳しくは Cinemachine 2.6 の Release Notes 参照。

直接参照している依存が競合した場合はエラーを出す

Version conflicts involving a direct project dependency are now reported like any other version conflict instead of being silenced.

今までは沈黙していたとのこと。

パッケージのバージョンがコンフリクトした場合の挙動はイマイチ分からん所があるんだよなぁ…。調べないと。

Discussion

ログインするとコメントできます