📦

UPM Release Notes - 2019.3 Features

1 min read

はじめに

この記事は、 2020年版 Unity Package Manager の Release Notes 全部抜く の部分記事です。

Unity 2019.3 での Unity Package Manager に関する Features を詳細を記しています。

Features

Asset Store 統合

Added support for Asset Store packages in the Package Manager UI with the new My Assets filter.

Asset Store packages are now visible in the Package Manager UI through the new My Assets filter.

遂に、念願の(?)Asset Store との統合が果たされました。

購入済のアセットを UPM UI からダウンロード・インポートができるようになります。

診断機能

Added a Diagnose button to the Unity Package Manager dialog warning of critical failure. Clicking the Diagnose button now launches the Package Manager Diagnostics tool and closes Unity.

使ったことないけど、診断できるらしい。

tarball サポート

Added the ability to add a package from a tarball in the Package Manager window.

任意の .tar.gz なファイルをパッケージとして読み込むコトができるようになりました。

https://docs.unity3d.com/Manual/upm-ui-tarball.html

Git URL サポート

Enabled UI support for Git package installation in the Package Manager window.

任意の Git リポジトリからパッケージを読み込むコトができるようになりました。

https://docs.unity3d.com/Manual/upm-ui-giturl.html

Discussion

ログインするとコメントできます