😀

React * TypeScript * Material-UIで、 Youtubeのコメント欄ライクなUIを作る方法

7 min read

react_mui_comment_list_mock

はじめに

この記事について

ReactとMaterial-UIを用いて、Youtubeのコメント欄ライクなUIを作る方法について解説します。

完成イメージ

画像

前提

使用するデータについて

実際の開発では、「投稿」と「ユーザー」のオブジェクトを別々のテーブルとして、DB上で管理しているケースが多いかと思います。
今回に関しては、APIサーバーからデータを取得するケースを想定します。
「投稿」を意味するデータである"Post"というjson配列、
「ユーザー」を意味するデータの"User"というjson配列を用いたうえで、UIを組み立ててみたいと思います。
ここにER図を入れる

環境

  • React
    • react@17.0.2
  • node
    • v14.17.4
  • yarn
    • 1.22.11
  • Typescript
    • typescript@3.9.7
  • Material-UI
  • MomentJS
    • moment@2.29.1

要点

JavaSciriptのArrayオブジェクトの2つのメソッドを上手く利用し、User配列とPost配列をキー項目で結合しましょう。

コード例

....
{posts?.map((post) => {
          const found = users?.find((user) => post.user_id === user.id);
....

詳細

①Reactアプリの作成

まずはじめに、React Appを作成しましょう。

$ npx create-react-app test --template=typescript

②yarnからパッケージを取得

Appの作成が終わったら、yarnを使ってパッケージを取得しましょう。

$ yarn add @material-ui/core @material-ui/icons moment
$ yarn start

③データファイルの作成

「投稿」と「ユーザー」を表すデータファイルを作成しましょう。

src/data.ts
export const postData = [
  {
    id: 1,
    user_id: 2,
    message: '1コメゲットです。',
    created_at: '2021-09-21T01:42:13.094Z',
  },
  {
    id: 2,
    user_id: 1,
    message: '惜しくも2コメとなりました。',
    created_at: '2021-09-22T01:42:13.094Z',
  },
];

export const userData = [
  {
    id: 1,
    name: '山田太郎',
  },
  {
    id: 2,
    name: '花子山田',
  },
];

④presentational componentの作成

  1. Postコンポーネント
    個別のPostを表現するコンポーネントを作成しましょう。
    後述のPostListコンポーネントからpropsを受け取り、Postをレンダリングするためのコンポーネントです。
    MomentJSを利用することで、「何秒前」や、「何分前」といった投稿時間の表記を実装しています。
src/Post.tsx
import { VFC } from "react";

// MomentJSをインポートし、localeをjaに設定する
import moment from "moment";
import "moment/locale/ja";

import { createStyles, makeStyles, Theme } from "@material-ui/core/styles";
import ListItem from "@material-ui/core/ListItem";
import Divider from "@material-ui/core/Divider";
import ListItemText from "@material-ui/core/ListItemText";
import Typography from "@material-ui/core/Typography";
import { Avatar, ListItemAvatar } from "@material-ui/core";
import ThumbUpIcon from "@material-ui/icons/ThumbUp";
import ThumbDownIcon from "@material-ui/icons/ThumbDown";

const useStyles = makeStyles((theme: Theme) =>
  createStyles({
    inline: {
      display: "inline",
    },
    margin: {
      margin: theme.spacing(1, 1, 0, 2),
    },
  })
);

type Props = {
  key: number;
  name: string;
  message: string;
  created_at: string;
};

const Post: VFC<Props> = (props) => {
  const classes = useStyles();
  const { key, name, message, created_at } = props;

  return (
    <div>
      <>
        <ListItem alignItems="flex-start" key={key}>
          <ListItemAvatar>
            <Avatar alt="" />
          </ListItemAvatar>
          <ListItemText
            primary={
              <>
                <Typography
                  component="span"
                  variant="body2"
                  className={classes.inline}
                  color="textPrimary"
                >
                  {name}
                </Typography>
                <Typography
                  component="span"
                  variant="body2"
                  className={classes.inline}
                  color="textSecondary"
                >
                   {moment(created_at).fromNow()}
                </Typography>
              </>
            }
            secondary={
              <>
                <Typography
                  component="span"
                  variant="body1"
                  className={classes.inline}
                  color="textPrimary"
                >
                  {message}
                </Typography>
                <br />
                返信
                <ThumbUpIcon
                  className={classes.margin}
                  color="disabled"
                  fontSize="small"
                />
                <ThumbDownIcon
                  className={classes.margin}
                  color="disabled"
                  fontSize="small"
                />
              </>
            }
          />
        </ListItem>
        <Divider variant="inset" component="li" />
      </>
    </div>
  );
};

export default Post;
  1. PostListコンポーネント
    Postの一覧を表現するコンポーネントを作成しましょう。
    data.tsからjson配列を取得し、propsをPost.tsxに渡すことで、Postの一覧をレンダリングします。
    postsに対するmapメソッドと、usersに対するfindメソッドを組み合わせることで、
    postData内のuser_idと、userData内のidを結合しています。
src/PostList.tsx
import { VFC } from "react";
import { createStyles, makeStyles, Theme } from "@material-ui/core/styles";
import List from "@material-ui/core/List";

import Post from "./Post";
import { postData, userData } from "./data";

const useStyles = makeStyles((theme: Theme) =>
  createStyles({
    root: {
      width: "25vw",
    },
    txt: {
      margin: theme.spacing(2),
    },
  })
);

type PostData = {
  id: number;
  user_id: number;
  message: string;
  created_at: string;
};

type User = {
  id: number;
  name: string;
};

const PostList: VFC = () => {
  const classes = useStyles();
  const posts: PostData[] = postData;
  const users: User[] = userData;

  return (
    <div>
      <List className={classes.root}>
        {posts?.map((post) => {
          const found = users?.find((user) => post.user_id === user.id);
          return (
            <Post
              key={post.id}
              name={found?.name as string}
              message={post.message}
              created_at={post.created_at}
            />
          );
        })}
      </List>
    </div>
  );
};

export default PostList;
  1. Appコンポーネント
    最後に、PostListをApp.tsxに組み込みましょう。
src/App.tsx
import "./App.css";

import { VFC } from "react";
import PostList from "./PostList";

const App: VFC = () => {
  return (
    <div className="App">
      <PostList />
    </div>
  );
};

export default App;

⑤確認

実際に画面を確認していただくと、
user_idが1のpostに対しては、idが1のuserのnameが紐づき、
user_idが2のpostに対しては、idが2のuserのnameが紐づいていることが確認できると思います。
チェック

おわりに

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今回の記事では、ReactとMaterial-UIを利用して、Youtubeのコメント欄ライクなUIを表現する方法について解説しました。
適宜CSSを調整していただいたり、返信ボタンやグッド/バッドボタン等に関して、ロジックを実装することで、より実用的なUIとして利用できるかと思います。

今回使ったコードは、こちらに格納しております。
ご自由にお使いください。

Discussion

ログインするとコメントできます