📝

SurveyMonkeyの回答データをBigQueryに連携する

2 min read

背景とやりたいこと

  • SurveyMonkeyは1アカウントあたりの単価は高いが、実際に手を動かしてアンケートを作成する人は限られている
  • 一方で回答データの集計を閲覧するのは需要がある
  • そこでSurveyMonkeyで作成したアンケートの回答データをBigQueryに連携したい
  • できれば回答データが即時反映されていて欲しい

データフロー

  • ユーザーがSurverMonkeyで回答するとZapierを経由してスプレッドシートへ書き込まれます
  • スプレッドシートを、BigQueryの外部データソースを利用して読み込む事でBiqQueryでの抽出や集計が可能となります

前提

  • SurveyMonkeyでアンケートとコレクターが作成されており、回答が一つ以上ある状態
  • SurveyMonkeyが何なのか、Zapierが何なのかはここでは説明しません

ZapierでSurveyMonkeyの設定をする

Trigger Eventで New Response Notification With Answers を選択します

SurveyMonkeyアカウントを選択します。(まだ未接続の場合は認証画面へ)

SurveyとCollectorを選択します

最後にトリガーのテストをします。ここで回答が一つもないとエラーになるので事前に手動で回答しておくと良いでしょう。

ZapierでGoogleスプレッドシートへの書き込みを設定をする

次にスプレッドシートに書き込むというアクションを作るのですが、事前にスプレッドシートを用意してheaderを記載しておく必要があります。イメージとしては以下のような感じです。このheaderにはサーベイモンキーのアンケート回答毎に得られるメタデータや質問に対する答えそのものを事前に指定して利用する形となります。

Zapierでの操作は以下のように行います。

スプレッドシートを選びます

ドライブ及びシートを指定します

Actionとして Create Spreadsheet Row(s) を選択します

ここで、先ほどシートのheaderに記載した内容が出てくるので、SurverMonkeyの回答データを充てていきます(一番面倒くさい)

充てるとこの様になります

BigQueryで外部データソースのテーブルを作成する

最後に、BQで外部データソースのテーブルを作成すれば終わりです。以下の画像の様に設定します。

これにより、回答したらほぼリアルタイムでBQからデータを見ることが出来る様になります

感想

nocode便利です

Discussion

ログインするとコメントできます