📚

Webhook を理解する

2022/12/09に公開

どうやって使用されるのか

Webhook とは、HTTP を使用したイベント駆動型のプログラミングのモデルです。
Webhook を使用すると、特定のイベントが発生したときに、あらかじめ設定した URL に HTTP POST リクエストを送信することができます。
これにより、アプリケーションやサービス同士を連携し、リアルタイムで情報をやり取りすることができます。
例えば、決済サービスのWebhookを利用するようなケースでは、あなたが用意したバックエンドサーバーのAPIに対して、決済が完了した際にその決済サービスがPOSTリクエストを行うといったことを実現できます。

Webhook のその他の使用イメージとしては、以下のような場合が挙げられます。

ウェブサイトやサービスが提供するフォームに入力された情報を、他のアプリケーションやサービスに送信する場合。例えば、注文フォームを送信したときに、顧客管理システムに情報を送信する場合。
イベントが発生したときに、他のアプリケーションやサービスに通知する場合。例えば、プロジェクトの管理アプリケーションでタスクが完了したときに、チャットアプリケーションに通知する場合。
外部からのリクエストを受信したときに、必要な処理を実行して結果を返す場合。例えば、SMS メッセージを受信したときに、特定の処理を実行して応答する場合。
Webhook を使用することで、アプリケーションやサービス同士を連携し、リアルタイムで情報をやり取りすることができます。Webhook についてさらに詳しい情報が必要な場合は、Webhook の詳細をご参照ください。

Webhook URLとは

Webhook URL とは、Webhook を使用する場合に、Webhook が送信する HTTP POST リクエストを受信する URL のことです。Webhook URL は、Webhook を受信する側のアプリケーションやサービスが提供するものです。

例えば、あなたが開発するチャットアプリケーションで Webhook を使用する場合、送信元の外部アプリケーションやサービスには、チャットアプリケーションが提供する Webhook URL を指定します。これにより、送信元の外部アプリケーションやサービスが、特定のイベントが発生したときに、あなたのチャットアプリケーションに HTTP POST リクエストを送信することができます。

そのため、Webhook URL は、Webhook を受信する側のアプリケーションやサービスが発行します。送信元のアプリケーションやサービスは、Webhook URL を取得して、Webhook で送信する HTTP POST リクエストを指定する必要があります。

Webhook の代替手段

プッシュ通知: アプリケーションやサービス間の連携を実現するために、プッシュ通知を使用することができます。プッシュ通知は、特定のアプリケーションやデバイスに対して、リアルタイムで情報を送信することができます。プッシュ通知を使用することで、Webhook と同様に、アプリケーションやサービス同士を連携することができます。
ポーリング: ポーリングとは、定期的にサーバーやアプリケーションからデータを取得する方法です。ポーリングを使用すると、特定のインターバルでサーバーやアプリケーションからデータを取得し、アプリケーションやサービス間でデータをやり取りすることができます。ポーリングを使用することで、Webhook と異なり、サーバーやアプリケーションからのプッシュ通知を受け取ることはできませんが、連携するアプリケーションやサービス間でデータをやり取りすることができます。
メッセージング: メッセージングとは、アプリケーションやサービス間でデータをやり取りするための方法です。メッセージングを使用すると、アプリケーションやサービスが提供するメッセージングサービスを介して、データをやり取りすることができます。メッセージングを使用することで、Webhook と異なり、HTTP を使用しない方式でデータをやり取りす

使用上の注意

Webhook は、HTTP POST リクエストを使用してデータを送信するため、HTTP のセキュリティ上の問題を考慮しなければなりません。特に、Webhook URL が不正に拾われると、悪意のある第三者からデータを送信される可能性があるため、URL を安全に管理する必要があります。

Webhook は、HTTP POST リクエストを使用してデータを送信するため、送信データの容量にも注意が必要です。HTTP POST リクエストで送信できるデータの最大サイズは、サーバーやアプリケーションによって異なります。データが大きすぎると、送信に失敗する可能性があるため、送信するデータの容量を適切に管理する必要があります。

Webhook は、イベント駆動型のモデルを採用しているため、特定のイベントが発生しないと、データの送信が行われません。これにより、アプリケーションやサービス間でのデータの連携が遅延する可能性があります。そのため、Webhook を使用する際には、イベントの発生頻度や、データの連携のタイムリミットなどを適切に設定して、連携のスムーズさを確保する必要があります。

Webhook は、HTTP POST リクエストを使用してデータを送信するため、送信先のアプリケーションやサービスが Webhook URL を公開していない場合には、使用することができません。そのため、Webhook を使用する際には、送信先のアプリケーションやサービスが Webhook URL を公開しているかを確認する必要があります。

理解度チェック問題

Webhook とは何ですか?

Webhook とは、HTTP を使用したイベント駆動型のプログラミングのモデルのことです。

Webhook を使用すると、どのようなことができますか?

Webhook を使用すると、特定のイベントが発生したときに、あらかじめ設定した URL に HTTP POST リクエストを送信することができます。これにより、アプリケーションやサービス同士を連携し、リアルタイムで情報をやり取りすることができます。

Webhook を使用するには、どのような手順が必要ですか?

Webhook を使用するには、Webhook を受信する側のアプリケーションやサービスが提供する Webhook URL を取得し、送信元のアプリケーションやサービスが、Webhook URL を指定して HTTP POST リクエストを送信する必要があります。

Webhook URL とは何ですか?

Webhook URL とは、Webhook を受信する側のアプリケーションやサービスが提供する URL のことです。Webhook URL は、Webhook を受信する側のアプリケーションやサービスが発行します。

Webhook を使用する利点は何ですか?

Webhook を使用する利点としては、以下のようなものが挙げられます。

アプリケーションやサービス同士を連携し、リアルタイムで情報をやり取りすることができます。
HTTP POST リクエストを使用するため、実装が簡単です。

Webhook の代替手段として、どのようなものが挙げられますか?

プッシュ通知: アプリケーションやサービス間の連携を実現するために、プッシュ通知を使用することができます。プッシュ通知は、特定のアプリケーションやデバイスに対して、リアルタイムで情報を送信することができます。プッシュ通知を使用することで、Webhook と同様に、アプリケーションやサービス同士を連携することができます。
ポーリング: ポーリングとは、定期的にサーバーやアプリケーションからデータを取得する方法です。ポーリングを使用すると、特定のインターバルでサーバーやアプリケーションからデータを取得し、アプリケーションやサービス間でデータをやり取りすることができます。ポーリングを使用することで、Webhook と異なり、サーバーやアプリケーションからのプッシュ通知を受け取ることはできませんが
メッセージング: メッセージングとは、アプリケーションやサービス間でデータをやり取りするための方法です。メッセージングを使用すると、アプリケーションやサービスが提供するメッセージングサービスを介して、データをやり取りすることができます。メッセージングを使用することで、Webhook と異なり、HTTP を使用しない方式でデータをやり取りすることができます。また、メッセージングを使用することで、Webhook と異なり、ポーリングを使用しなくても、データを定期的に取得することができます。
クラウドサービス: クラウドサービスとは、インターネットを介して提供されるサービスのことです。クラウドサービスを使用すると、サーバーやインフラストラクチャを構築せずに、アプリケーションやサービスを実行することができます。クラウドサービスを使用することで、Webhook と異なり、自分でサーバーやインフラストラクチャを構築せずに、アプリケーションやサービスを実行することができます。また、クラウドサービスを使用することで、Webhook と同様に、アプリケーションやサービス間の連携を実現することができます。

参考

https://www.redhat.com/ja/topics/automation/what-is-a-webhook

Discussion

ログインするとコメントできます