💻

pnpmでZennCLIを扱いたい

2022/03/16に公開

pnpmを使いたい

フラットなnode_modulesには問題があるからです。

yarn@berryを使用してもこの問題を回避できます。

pnpmでのZenn CLI導入手順

基本的に違いがあるところだけ記載しますので、公式のnpm用ガイドも都度参照してください。

1. CLIをインストールする

$ pnpm init --yes
package.json
"packageManager": "pnpm@6.32.3"

を追記して使用するパッケージマネージャーを指定しておくと便利です。
6.32.3は執筆時点での最新バージョンを示しています。

$ pnpm add zenn-cli

peer dependenciesにのみ指定されているパッケージは現行のpnpmはインストールしないので、追加します。

$ pnpm add @types/markdown-it@"*"

2. Zenn用のセットアップを行う

$ pnpm zenn init

pnpm execexecを省略して実行できます

3. 導入完了🎉

プレビューサーバーをたててみます。

$ pnpm zenn preview
# 👀 Preview on http://localhost:8000

以後も npx zennとあるところはpnpm zennに置き換えましょう。

CLIのアップデート

$ pnpm add zenn-cli@latest

で更新できます。

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます