💡

JS テキストファイルを静的にimportしてみる

2022/06/18に公開約2,000字

概要

fetchで読み込むのではなく、ES2015のモジュールのimportと同じような書式でテキストデータを読み込む。

data.txt
The quick brown fox jumps over the lazy dog
<script type="module">
import module from "./module.js";
import text from "./data.txt"; // module.jsのような書き方でテキストをimportしたい

console.log(text); // output "The quick brown fox jumps over the lazy dog"
</script>

そのままで動かすと、data.txtをスクリプトとして扱おうとしてエラー。

テキストファイルを別モジュールで読み込んでみる

いきなり、それっぽくなった。モジュールのトップレベルでfetchで読み込み、応答を待機した後テキストデータを返す。
欠点としてテキストファイル毎にモジュールを作る必要がある。

data.txt.js
const response = await fetch("./data.txt");
const text = await response.text();
export default text;
<script type="module">
import text from "./data.txt.js";

console.log(text); // output "The quick brown fox jumps over the lazy dog"
</script>

import.metaを使おう

テキストファイルを読み込むモジュールのパスにパラメータを渡してテキストファイルを可変にする。
モジュール側でimport.meta.urlを利用してパラメータを取り出す。

https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/JavaScript/Reference/Statements/import.meta
importText.js
// path=テキストファイルのパス
const url = new URL(import.meta.url);
const path = url.searchParams.get("path");
const response = await fetch(path);
const text = await response.text();

export default text;
<script type="module">
import text from "./importText.js?path=data.txt";

console.log(text); // output "The quick brown fox jumps over the lazy dog"
</script>

モジュールのコード実行はロードされたとき1回のみだが、./importText.js?path=aaa.txt./importText.js?path=bbb.txtは異なるモジュールと認識されるので、異なるファイルを読み込める。

JSONも読み込んじゃえ

テキストファイルを読み込むモジュールのawait response.text()await response.json()に変えれば、JSONも読み込める。

config.json
{"aaa":100}
importJson.js
// path=JSONファイルのパス
const url = new URL(import.meta.url);
const path = url.searchParams.get("path");
const response = await fetch(path);
const json = await response.json();

export default json;
<script type="module">
import config from "./importJson.js?path=config.json";

console.log(config); // output "{aaa:100}"
</script>

まとめ

読み込むモジュールが必要になるが、それっぽくできた。

Discussion

ログインするとコメントできます