🏕

プロジェクトを作らずにHaskellをやる

2022/11/21に公開約2,300字

Haskellで実用的なアプリケーションまたはライブラリーを書くときはCabalやStackでプロジェクトを作ります。しかし、プロジェクトを作るまでもなく何らかの作業をしたい、ということが時にはあるかと思います。

GHCに付属するライブラリーだけで済んでしまう場合は ghc, ghcirunghc を直接使えば良いのですが、もう少し実用的なことをやるにはHackageで公開されたライブラリーを使うことになります。

プロジェクトを作らずにライブラリーを使うにはグローバルな環境にインストールするという方法がありますが、グローバルな環境というのはいずれ管理しきれなくなることが目に見えています。この記事では、なるべくグローバルな環境を汚さずにライブラリーを使う方法を見ていきます。

対話環境でライブラリーを使う

まず対話環境についてですが、 ghci の代わりに cabal replstack repl を使います。

Cabalの場合は、 --build-depends オプションで依存するパッケージを指定します。例:

cabal repl --build-depends vector

Cabalで特定のバージョンのGHCを使いたい場合は、 -w オプション(--with-compiler の略)を指定します。例:-w ghc-9.4.3

Stackの場合はパッケージの指定には --package オプションを使います。また、resolverを指定するには --resolver オプションを使いますが、コマンドラインで指定する場合は単に lts と指定すれば最新のLTSを使ってくれます。

stack repl --resolver lts --package vector

Stackで特定のバージョンのGHCを使いたい場合は、そういうresolverを指定するか、 --compiler オプションを指定すると良いでしょう。例:--compiler ghc-9.4.3

書き捨てスクリプトでライブラリーを使う

単独のファイルからなるプログラムを動かす場合、依存関係を特定の形式のコメントとして書いて cabal run コマンドあるいは stack コマンドで動かせばライブラリーが利用できます。cabal scriptあるいはstack scriptと呼ばれます。

詳しくは

を参照してください。

ローカルの環境にパッケージをインストールする

複数のファイルからなるプログラムをコンパイルしたい場合はcabal scriptのような「その場その場で依存関係を明示する」方法は使えません。ここでは次善の策として、指定したディレクトリーに環境を作る方法を紹介します。

Cabalでライブラリーを「インストール」するには --lib オプション付きで install コマンドを使います。ただ、デフォルトだとグローバルな環境にインストールされてしまうので、それを防ぐために --package-env オプションで「環境」の場所を指定します。

例:

cabal install --lib vector --package-env .

この例では --package-env . でカレントディレクトリーに環境を保存しています。このディレクトリー(またはサブディレクトリー)でGHCを起動すると最初に

Loaded package environment from ほにゃらら/.ghc.environment.ほにゃらら

というようなメッセージが出力され、インストールしたパッケージが使えるようになります。「環境」の実体は .ghc.environment. から始まる名前のファイルです。

詳しくはCabalのマニュアルを見てください:

Stackの場合はプロジェクトの外でパッケージをインストール[1]しようとするとグローバル環境にインストールされてしまい[2]、ローカルな環境を作る方法は見当たりません。大人しくプロジェクトを作りましょう。

脚注
  1. stack build <パッケージ名> でグローバル環境にインストールできます。よく似たコマンドに stack install がありますが、これは「stack build + ~/.local/bin に実行ファイルをコピー」の意味で、ライブラリーに使うコマンドではありません。 ↩︎

  2. stack exec -- ghc-pkg list でグローバルにインストールされたパッケージの一覧を見ることができます。 ↩︎

Discussion

ログインするとコメントできます