📗

【Visual Basic 6.0】DLLのデバック方法

2022/07/04に公開約600字

DLLのデバック方法

操作手順

  1. デバックを行うDLLを使用している実行モジュールのプロジェクトを開く

    プロジェクトの追加

  2. 実行モジュールのプロジェクトにデバックを行うDLLを追加する

    デバックを行うDLLの指定

※実行モジュールのプロジェクトにデバックを行うDLLが追加されたことを確認する

デバックを行うDLLの指定(確認)

  1. デバック
    デバックを行うDLLのソースにブレークポイントを挿入し、通常通りデバックを行うことでDLLのデバックが行える。

Discussion

ログインするとコメントできます