分散処理を勉強した記録~その12~

1 min読了の目安(約800字TECH技術記事

この記事は、
「分散処理システム」著:真鍋義文 森北出版株式会社
を参考にしています。

今回は、「複数の管理プロセスによる相互排除アルゴリズム」についてまとめました。

前回までのアルゴリズムは、プロセスが全員元気に動いている前提のアルゴリズムでした。

しかし、実際は全てが生き残るとは限りません。
その上、全てのプロセスが全体のプロセスを知っていることを前提にしているのも
中々ハードルが高いです。

そこで、管理用プロセスの登場です。

しかし、この管理プロセスも死んでしまうとシステム全体が死んでしまいます。
なので、管理プロセスも複数用意します。

管理プロセスの過半数からリソース使用の許可を得られれば、
プロセスはリソースを使うことができます。

今回はここまでです。ありがとうございました。