🍣

分散処理を勉強した記録~その29~

1 min read

この記事は、
「分散処理システム」著:真鍋義文 森北出版株式会社
を参考にしています。

今回は、「自己安定アルゴリズムの定義」についてです。
ここでは、以下の3つを自己安定アルゴリズムの条件とします。

1.legitimate stateの定義

リーダー選挙アルゴリズムの場合、
上記のような状態を「legitimate state」とし、
目指すべき状態として定義します。

2.一時故障が起きる
一時故障が発生することによって、
プログラムそのものが書き変わることはありませんが、
変数やメッセージの値が変わることは起きるものとします。

3.いつかはlegitimate stateになる
一時故障が発生しても、legitimate stateの状態で安定するものとします。


最初はlegitimate stateになっているリーダー選挙アルゴリズムを例に説明します。
一時故障が発生し、本来leaderではないプロセスが自分をleaderだと主張します。

しかし、自己安定アルゴリズムによって自分がleaderではないと気付き始めます。

最終的に再びlegitimate stateになります。

これが自己安定アルゴリズムです。

今回はここまでです。ありがとうございました。

Discussion

ログインするとコメントできます