🚀

Vagrantを使った環境構築

2022/05/05に公開

準備

環境構築方法

package.box をローカルの任意の場所に保存します。

box 追加

vagrant box add any_box_name

下記コマンドで追加されたボックスを確認できます。

vagrant box list

vagrantfile 作成

# packageはboxの名前
vagrant init package

起動

vagrantfile が生成されたら up コマンドで起動します。

vagrant up

停止

停止するときは

vagrant halt

で停止します。

再起動

vagranfile を編集したら reload をします。

vagrant reload

成功したら下記のようなメッセージが出ます。

==> default: Clearing any previously set forwarded ports...
==> default: Clearing any previously set network interfaces...
==> default: Preparing network interfaces based on configuration...
    default: Adapter 1: nat
    default: Adapter 2: hostonly
==> default: Forwarding ports...
    default: 22 (guest) => 1234 (host) (adapter 1)
==> default: Running 'pre-boot' VM customizations...
==> default: Booting VM...
==> default: Waiting for machine to boot. This may take a few minutes...
    default: SSH address: 127.0.0.1:1234
    default: SSH username: vagrant
    default: SSH auth method: private key
==> default: Machine booted and ready!
==> default: Checking for guest additions in VM...
==> default: Setting hostname...
==> default: Configuring and enabling network interfaces...
==> default: Machine already provisioned. Run `vagrant provision` or use the `--provision`
==> default: flag to force provisioning. Provisioners marked to run always will still run.

参考

GitHub
公式サイト

脚注
  1. box 名はオプションで任意の名前に変更できます。ファイルサイズが数 GB あるのでダウンロードには時間がかかります。 ↩︎

GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます