GitHubのプロフィールを設定してみよう!

3 min read読了の目安(約2700字

何もないGitHubのプロフィール画像ですが。。。
GitHubのprofile画像(before)
こんな感じで、GitHubのプロフィールをもっと充実させる方法を紹介したいと思います😊
GitHubのprofile画像(after)

プロフィール編集方法

  1. GitHub公式サイトにアクセスしてみましょう。

  2. 左側にあるNewをクリックして、新規リポジトリを作成
    新規リポジトリを作成

  3. リポジトリの設定をする。設定できたらcreate repositoryを押してリポジトリ作成する。

    ※下記3点を設定してください。

    • リポジトリの名前をユーザ名(私の場合はmo-ri-regen)と同じにする。
    • publicにする。
    • Add a README fileにチェックを入れて、READMEを作成する。

    GitHubリポジトリ設定

  4. 完成🎉

    GitHubプロフィールREADME

    自分のプロフィール画面を見てみると反映されてます。
    GitHubプロフィール完成

  5. あとは、README.mdを好きなように編集すればOK

自由に書いてもOK(READMEにもコメントで書く内容について書かれてます)なのですが、有識者がGitHubに公開しているものを使うとほぼコピペでOKなので簡単です。
私はGitHubのコミット数などがわかるGitHub Stats Cardとpushされた使用言語の割合がわかるTop Languages Cardの2つを設定しました。(mo-ri-regenのところは各自のユーザ名にしてください。)
オプションでカラーテーマレイアウトの変更ができます。

[![モーリー's GitHub stats](https://github-readme-stats.vercel.app/api?username=mo-ri-regen&theme=vue-dark&show_icons=true)](https://github.com/mo-ri-regen/github-readme-stats)

[![Top Langs](https://github-readme-stats.vercel.app/api/top-langs/?username=mo-ri-regen&theme=vue-dark&show_icons=true&layout=compact)](https://github.com/mo-ri-regen/github-readme-stats)

これで、設定完了です🥳
プロフィール画像

参考のところに私のリポジトリのURLも載せておきます。

注意点

下記の場合はプロフィールに表示されません😲

  • READMEに何も記載がないもしくはREADMEファイルがない
  • リポジトリがprivateになっている。
  • リポジトリが存在しない(リポジトリ名はユーザ名になってますか?)

この中だと特に間違えやすそうなのが、
publicになっているかどうかだと思います😊
もし設定したのに表示されない場合は上記3点を確認してみましょう

参考