🦕

denoでHelloプログラム書いてみた

2021/07/13に公開約800字

denoとは

node.jsを作った人がnode.jsの悪かったところを改善したものです。
たとえば、デフォルトでTypeScriptに対応しており、パッケージを管理するのにnode_modulesを使いません。

インストール方法

Homebrewを使えば簡単にdenoをインストールできます。

brew install deno

Windowsのかたやその他の方法でインストールするかたはこちらを参考にしてください。

動作確認

サンプルを動かしてみましょう

hello-world.ts

 function capitalize(word: string): string {
    return word.charAt(0).toUpperCase() + word.slice(1);
  }
  
  function hello(name: string): string {
    return "Hello " + capitalize(name);
  }
  
  console.log(hello("john"));
  console.log(hello("Sarah"));
  console.log(hello("kai"));

実行するにはターミナルで下記コマンドを打ちます。

deno run hello-world.ts

下記、実行結果が出れば成功です。

Hello John
Hello Sarah
Hello Kai

感想

まだ、サンプルをコピペしただけなので何ができて何ができないのかもう少し触ってみたいですね。

参考


https://deno.land/
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます