👨‍👩‍👦‍👦

チーム開発で使われるGitFlowについて

2021/08/22に公開約1,600字

この記事の目的

Git Flow について理解する

GitFlow とは

Git をチームで使う上での運用方法を表したものです。
GitFlow は複雑なので、実際に運用するときはGitHubFlowなどシンプルなフローを使われることが多いです。

GitFlow全体図

main ブランチ

このブランチで開発は行いません。main ブランチの最新版がプロダクトとしてユーザにリリースされます。

develop ブランチ

main から develop へブランチを切ります。develop で開発を行い、main はリリース時にコミットされます。main の commit にはリリースごとにタグを打ちます。

developブランチ

feature ブランチ

develop から feature へブランチを切ります。
複数人で develop で開発するときに使います。1 機能ごとに develop からブランチを切り、1 機能の開発が終われば develop へ merge します。
大きい機能の場合は feature からさらに feature へブランチを切ります。
最終的に製品に入れるかどうかわからないときも feature ブランチを使います。

featureブランチ

release ブランチ

develop から main へ merge するための準備をするブランチです。main へ commit することで実際にプロダクトとして使われるようになります。
"準備"とある通り release で新規機能は追加してはいけません。

準備の例

  • bugfix のみに使う
  • version 表記やタイムスタンプを更新する
  • Apple や Google の審査に使う

hotfix ブランチ

main から hotfix へブランチを切ります。本番環境で発生したバグのうち緊急性の高いものを修正するブランチです。
修正が完了したら main と develop(or release)にマージします。
main へマージしたらパッチバージョンを上げることが多いです。
(ex. 1.2.0→1.2.1 へ上げる)

hotfixブランチ

参考

https://www.youtube.com/watch?v=aZ90usArA6g

https://nvie.com/posts/a-successful-git-branching-model/
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます