AWSあるある書いてみた

2 min read読了の目安(約2000字

普段AWSを使っていて
「またやっちまった」
「あーでたでた」
「はいはい」
みたいなあるあるを書いてみました。
完全に暇つぶしですw

ログイン編

  • 会社のアカウントとプライベートアカウントでパスワードが混同する
  • しかもサブアカまであると余計混同する
  • たまにパスワードを度忘れする
  • スマホの修理などをしたときにMFAを引き継ぎ忘れてサポートに電話する
  • スマホ用にAWS Console モバイルアプリをインストールする
  • ルートアカウントに入るときは緊張する
  • 誤操作しないように何回もチェックする

コンソール編

  • お気に入り登録がどんどん増えていく
  • そしてお気に入りから探すのに時間がかかるようになる
  • サービス名をアルファベットで探しても見つからず、よく見たら「AWS サービス名」だった
  • コンソールで急にEC2が消えてて焦る
  • よく見たらリージョンが勝手にバージニア北部になってるだけだった
  • たまにオハイオになってる時もある
  • 請求ダッシュボードで500とか見ると、「え!?」ってなる
  • よく見たらJPY形式にしてるだけだった
  • スイッチロールが多くなってくるとChrome拡張機能のAWS Extend Switch Rolesを使用し始める
  • スイッチロールでセッションが切れると「いいところだったのに!」と嘆く
  • サポートへの文章入力中にセッションが切れると絶望する
  • でも保存機能に救われる
  • と思ったら保存機能が働かないこともありやっぱり絶望する
  • だからスラックで先に文章を書くことになる
  • 一部のサービスでUIがバグることがある
  • すかさずフィードバックする
  • 新しいコンソールはまず試してみる
  • 1日で元のコンソールに戻れなくなる
  • 削除するときに「削除と入力して」と書いてあるのに、実際は「delete」と入力しなきゃいけないことがある

アウトプット編

  • 問題が解決するとすぐWikiに書きたくなる
  • Wikiの口調がテンションによって変わる
  • テンション低いと「ですます」調
  • テンション高いと「!」を使いまくる
  • 他の方の記事を読んで、「わかったからいいかなあ」思うことがある
  • でも実際にやってみると権限などでエラーが起こるので、やっぱり自分でやることの大切さがわかる
  • 常に良いアウトプット法を模索している
  • 使ってみたいサービスがキューにどんどんたまっていく
  • ただし必ずしも先入れ先出しではない

認定編

  • CLFは基本だから余裕かなと思う
  • 模試をやってみると打ちのめされる
  • でも勉強するうちに知らないサービスも知ることができて発見が多い
  • そのうち認定をとるのが楽しくなる
  • 12冠取得者を神として崇める
  • でも自分もいつか全部取りたいと思うようになる
  • GCPなどにも興味がわいてくる
  • 「試験どうだった」と聞かれても、規約でほとんど答えられない
  • 認定グッズが欲しくなる

ドキュメント編

  • ドキュメントが初見殺しレベルで横文字の嵐
  • しかもAWSの独自用語もあってググってもよくわからない
  • そのうち感覚でわかるようになってくる
  • でもやっぱりちゃんと理解したくなる
  • ITの基本用語から勉強することも大切だとわかる
  • たまに誤字脱字を発見してフィードバックする
  • 日本語のドキュメントがない場合にブラウザで翻訳する
  • でも翻訳結果がおかしくなり、リンクもどっかいく

勉強編

その他

  • プライベートでもリザーブドインスタンスを買おうか迷い始める
  • AWSサポートにはとても感謝している
  • そしてとても尊敬している
  • AWSの話をしだすと止まらない
  • APIで自動化したいことがいっぱい出てくる
  • 頼まれてもないのに自動化サイトを作り始める

まとめ

なんだこれ