🐕

[和訳] Nuxt3 公式サイト~Assets

2023/01/18に公開約2,200字

この記事について

この記事はNuxt3 公式サイト Assets を和訳したものになります(日本語が不自然になってしまっている箇所があるのはごめんなさい)。
https://nuxt.com/docs/getting-started/assets

Assets

Nuxt はスタイルシート、フォント、イメージのようなアセットを取り扱うために2つのディレクトリを使います。

  • public/ ディレクトリのコンテンツは、そのままサーバルートに提供されます
  • assets/ ディレクトリには、ビルドツール(Vite や webpack)に処理させたい全てのアセットが慣習的に含まれています

public/ Directory

public/ ディレクトリはアプリケーションの定義された URL で一般に公開される静的アセットのパブリックサーバとして使われています。

public/ ディレクトリにあるファイルはアプリケーションのコードやブラウザからルート URL / で取得できます。

Example

例:public/img ディレクトリにある画像ファイル(静的 URL /img/nuxt.png で利用可能)を参照する場合

app.vue
<template>
    <img src="/img/nuxt.png" alt="Discover Nuxt 3" />
</template>

assets/ Directory

Nuxt は Vite や webpack を使い、アプリケーションをビルド、バンドルします。これらのビルドツールの主な機能は JavaScript ファイルを処理することですが、プラグイン(Vite 用)やローダー(webpack 用)を通して、スタイルシート、フォント、SVG のような他の種類のアセットを処理するために拡張できます。このステップでは主にパフォーマンスやキャッシュの目的で元のファイルを変換します(スタイルシートの最小化やブラウザキャッシュの無効化など)。

慣習的に、Nuxt はこれらのファイルを保存するために assets/ ディレクトリを使いますが、このディレクトリには自動スキャン機能がないため、他の名前をつけることができます。

アプリケーションコードでは、assets/ ディレクトリにあるファイルは ~/assets/ パスで参照できます。

Example

例:ビルドツールがこのファイル拡張子を扱えるように設定されている場合に処理される、画像ファイルを参照するとき

app.vue
<template>
    <img src="~/asset/img/nuxt.png" alt="Discover Nuxt 3" />
</template>

Global Styles Imports

Nuxt コンポーネントのスタイルにステートメントをグローバルに挿入するには、nuxt.config ファイルで Vite オプションを使用します。

.scss の時

assets/_colors.scss
$primary: #49240F;
$secondary: #E4A79D;
nuxt.config.ts
export default defineNuxtConfig({
    vite: {
        css: {
            preprocessorOptions: {
                scss: {
                    additionalData: '@use "@/assets/_color.scss" as *;'
                }
            }
        }
    }
})

.sass の時

assets/_colors.sass
$primary: #49240F
$secondary: #E4A79D
nuxt.config.ts
export default defineNuxtConfig({
    vite: {
        css: {
            preprocessorOptions: {
                sass: {
                    additionalData: '@use "@/assets/_color.sass" as *\n'
                }
            }
        }
    }
})
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます