👻

[和訳] Nuxt3 公式サイト~App Config File

2023/02/26に公開

この記事について

この記事はNuxt3 公式サイト App Config File を和訳したものになります(日本語が不自然になってしまっている箇所があるのはごめんなさい)。
https://nuxt.com/docs/guide/directory-structure/app-config

App Config File

Nuxt3 はアプリケーション内にリアクティブな設定を公開するための app.config という設定ファイルを提供し、ライフサイクル内の実行時に更新する機能や nuxt プラグインを使用して HMR (hot-module-replacement) で編集する機能があります。

app.config.ts ファイルを使用することで実行時のアプリの設定を簡単に提供できます。拡張子は .ts.js.mjs のいずれかになります。

app.config.ts
export default defineAppConfig({
  foo: 'bar'
})

Defining App Config

設定と環境変数の値をアプリの残りの部分に公開するために、app.config ファイルで設定を定義する必要があります。

例:

app.config.ts
export default defineAppConfig({
  theme: {
    primaryColor: '#ababab'
  }
})

app.configtheme を追加する場合、Nuxt はコードをバンドルするために Vite やウェブパックを使用します。ページをサーバーレンダリングするときも、ブラウザで useAppConfig コンポーザブルを使うときも theme に普遍的にアクセスできます。

Nitro の useAppConfig() とサーバディレクトへのアクセスは近日中に対応予定です。

const appConfig = useAppConfig()
console.log(appConfig.theme)

Manually Typing App Config

Nuxt は提供されたアプリ設定から TypeScript インタフェースの自動生成を試します。

アプリ設定を手動で入力することも可能です。入力する内容として以下の2つが考えられます。

Typing App Config Input

AppConfigInput はアプリの設定をする時に有効な 入力 オプションが何であるかを宣言しているモジュール作成者によって使用されるかもしれません。これは useeAppConfig() の型に影響を与えません。

index.d.ts
declare module 'nuxt/schema' {
  interface AppConfigInput {
    /** テーマ設定 */
    theme?: {
      /** アプリのメインカラー */
      primaryColor?: string
    }
  }
}
// 型を拡張する際には、常に何かをインポート/エクスポートすることが重要です。
export {}

Typing App Config Output

useAppConfig() を呼び出した結果に型付けしたい場合、AppConfig を拡張する必要があります。

index.d.ts
declare module 'nuxt/schema' {
  interface AppConfig {
    // これは既存の `theme` プロパティを完全に置き換えるものです。
    theme: {
      // Nuxt の推論よりも具体的な値を追加するためにこの値を入力すると良いでしょう
      // 文字列リテラル型など
      primaryColor?: 'red' | 'blue'
    }
  }
}
// 型を拡張する際には、常に何かをインポート/エクスポートすることが重要です。
export {}
GitHubで編集を提案

Discussion

ログインするとコメントできます