🦀

2022年10月現在、東京(ap-northeast-1)で利用出来て、大阪(ap-northeast-3)で利用出来ないサービス出してみた

2022/10/20に公開約3,300字

動機

CloudFormationのドキュメントを[クォータ]→[機能を利用できるリージョン]と眺めてて

ちょっと衝撃を覚えたのが

「大阪リージョン、ドリフト検出もCodeDeployでECSブルー/グリーンデプロイ実行も出来ない!」

上のような細部まででなくても使えないサービス把握しておこうかなと思ったのでこんな事してみました。

東京⇄大阪で提供中のAWSサービスを並べて比較

やった事としては割とシンプルです。
ここの詳細な手順は重要ではないのでざっくりした説明です。

「AWS リージョン別のサービス」で東京と大阪それぞれで「提供中のサービス」を表示させてコピー。

さすがにこの表の内容は常に最新だと信じています。

②Excelでそれぞれのシート作って貼り付けます(両方A列にしましょうか)。

東京が189サービス。大阪が100サービス提供中のようですね。

③両方のシートのB列に12345....と数字が入るようフィルしときます。

④東京側シートC列にVlookupで検索値A列、検索範囲を大阪側シートのA:B列、で2列目を参照する完全一致にします。

※大阪側でも同じ事します。

⑤「#N/A」になる列だけ絞って昇順ソートします。

”文字列が一致していない”だけでないかは確認しましたが、問題ないようです。

出来上がり一覧

【東京で使えて大阪で使えないサービス】

(アルファベット順)
AWS Amplify
AWS Application Discovery Service
AWS Audit Manager
AWS Budgets
AWS CloudShell
AWS CodeArtifact
AWS CodePipeline
AWS CodeStar
AWS Control Tower
AWS Data Exchange
AWS Data Pipeline
AWS DeepLens
AWS Elemental MediaConnect
AWS Elemental MediaConvert
AWS Elemental MediaLive
AWS Elemental MediaPackage
AWS Elemental MediaStore
AWS Elemental MediaTailor
AWS Fault Injection Simulator
AWS IoT 1-Click
AWS IoT Analytics
AWS IoT Core
AWS IoT Device Defender
AWS IoT Device Management
AWS IoT Events
AWS IoT Greengrass
AWS IoT SiteWise
AWS IoT Things Graph
AWS Managed Services
AWS Migration Hub
AWS OpsWorks Stacks
AWS OpsWorks for Chef Automate
AWS OpsWorks for Puppet Enterprise
AWS Proton
AWS Resilience Hub
AWS RoboMaker
AWS Server Migration Service (SMS)
AWS Serverless Application Repository
AWS Snowcone
AWS Well-Architected Tool
Amazon AppFlow
Amazon AppStream 2.0
Amazon Augmented AI (A2I)
Amazon Chime
Amazon CloudSearch
Amazon CodeGuru
Amazon Cognito
Amazon Comprehend
Amazon Connect
Amazon Detective
Amazon DevOps Guru
Amazon DocumentDB (with MongoDB compatibility)
Amazon Elastic Inference
Amazon Elastic Transcoder
Amazon FSx for NetApp ONTAP
Amazon FSx for OpenZFS
Amazon File Cache
Amazon Forecast
Amazon IVS
Amazon Inspector
Amazon Keyspaces (for Apache Cassandra)
Amazon Kinesis Video Streams
Amazon Lex
Amazon Lightsail
Amazon Location Service
Amazon Lookout for Metrics
Amazon Lookout for Vision
Amazon Lumberyard
Amazon Managed Blockchain
Amazon Managed Grafana
Amazon Managed Service for Prometheus
Amazon Managed Workflows for Apache Airflow
Amazon Neptune
Amazon Nimble Studio
Amazon Personalize
Amazon Pinpoint
Amazon Polly
Amazon Quantum Ledger Database (QLDB)
Amazon QuickSight
Amazon Rekognition
Amazon Sumerian
Amazon Timestream
Amazon Transcribe
Amazon Transcribe Medical
Amazon Translate
Amazon WorkDocs
Amazon WorkSpaces
Amazon WorkSpaces Web
FreeRTOS

反対も一応みてみましたが

大阪で使えて東京で使えないサービスはさすがにありませんでした。
なので、両方で使えるサービス=大阪で提供しているサービス
という事にもなります。

全て調べる訳にもいかないですが、
確かに大阪ではCloudShellのアイコンが表示されていないですね。

東京(ap-northeast-1)

大阪(ap-northeast-1)

上部のお気に入りバーに表示されるアイコン自体は表示リージョンで未対応のものでも除外されないですが、実際にクリックしてみると..

未対応リージョンで該当のサービスを開く(ここではAppflowでテスト)とこのような表示になるんですね。
これも勉強になりました。

おわりです。

使えないんだと思うサービスが結構ありました。

正直budgetsが使えないなんてあるんだな?
と最初懐疑的ではあったんですが、あくまで上の方法で出した差分ですので実際真偽のほどはあらためて目でお願いします。

お付き合い有難うございました!

Discussion

ログインするとコメントできます