🦀

2022年10月現在東京(ap-northeast-1)で利用出来て、大阪(ap-northeast-3)で利用出来ないサービス出してみた。

2022/10/20に公開

動機

CloudFormationのドキュメントを[クォータ]→[機能を利用できるリージョン]と眺めてて

ちょっと衝撃を覚えたのが

「大阪リージョン、ドリフト検出もCodeDeployでECSブルー/グリーンデプロイ実行も出来ない!」

上のような細部まででなくても使えないサービス把握しておこうかなと思ったのでこんな事してみました。

東京⇄大阪で提供中のAWSサービスを並べて比較

やった事としては割とシンプルです。
ここの詳細な手順は重要ではないのでざっくりした説明です。

「AWS リージョン別のサービス」で東京と大阪それぞれで「提供中のサービス」を表示させてコピー。

さすがにこの表の内容は常に最新だと信じています。

②Excelでそれぞれのシート作って貼り付けます(両方A列にしましょうか)。

東京が204サービス。大阪が116サービス提供中のようですね。

③両方のシートのB列に12345....と数字が入るようフィルしときます。

④東京側シートC列にVlookupで検索値A列、検索範囲を大阪側シートのA:B列、で2列目を参照する完全一致にします。

※大阪側でも同じ事します。

⑤「#N/A」になる列だけ絞って昇順ソートします。

”文字列が一致していない”だけでないかは確認しましたが、問題ないようです。

出来上がり一覧

https://zenn.dev/mjxo/articles/3d72f4577a5c8e

反対も一応みてみましたが

大阪で使えて東京で使えないサービスはさすがにありませんでした。
なので、両方で使えるサービス=大阪で提供しているサービス
という事にもなります。

全て調べる訳にもいかないですが、
確かに大阪ではCloudShellのアイコンが表示されていないですね。

東京(ap-northeast-1)

大阪(ap-northeast-1)

上部のお気に入りバーに表示されるアイコン自体は表示リージョンで未対応のものでも除外されないですが、実際にクリックしてみると..

未対応リージョンで該当のサービスを開く(ここではAppflowでテスト)とこのような表示になるんですね。
これも勉強になりました。

おわりです。

お付き合い有難うございました!

Discussion

ログインするとコメントできます