💭

ESM treeshake に対応したバンドルサイズを計算してくれる Shakerphobia を作った

2022/03/24に公開約1,100字

bundlephobia.com というサイトがあります。これは npm のモジュールを参照した際のバンドルサイズを算出してくれるサービスです。

便利なんですが、基本的に dist/.. 等の package.json の main で配られるものだけをターゲットにしているので、 ESM Treeshake で一部のモジュールだけ import {} from ... した際のバンドルサイズがわからない、という問題がありました。

なので、それに対応したものを自分で作りました。netlify にデプロイしてあります。

https://shakerphobia.netlify.app/

こんな感じです。

使い方

https://shakerphobia.netlify.app/?pkg=<>&imports=<a,b,c>

どうやって動いてるか

URL を踏むと、 cdn.skypack.dev (その実体は npm) からソースコードを落としてきて、 WebWorker に仕込まれた rollup + terser で実際にバンドルします。

こういうコードを生成してビルドします。

import {a,b,c} from "mylib";
console.log(a,b,c);

console.log は treeshake ができない副作用と rollup にみなされ、これらの import 対象は Dead Code Elimination の対象外になります。逆に言うと、 import してない対象は Treeshake が効く限り削除されます。

今後

自分がほしい機能は既に揃ったので、とくにメンテナンスとか考えてません。

ほしい機能といえば、単純な ペライチ SPA なので、Bundlephobia のような OGP 対応ができてません。
OGP がほしい場合は Cloudflare Worker か Deno Deploy でSSRしようとしたんですが、サーバー維持費考えると面倒でやめました。

CDNのキャッシュに載せたとしても、単純なパッケージ名ではなく、 imports=... の指定次第でユースケースが発散するので、キャッシュがあまり効かない気がしてます。

機能足したい人は、ここにソースコードあるので、PR 送るなり、自分で改造して vercel にデプロイするなりするといいと思います。

https://github.com/mizchi/shaker-phobia

Discussion

ログインするとコメントできます