PHP8(PHP-FPM)のメモ

公開:2020/11/27
更新:2020/11/27
2 min読了の目安(約1800字TECH技術記事

環境

  • CentOS7
    (元々色々なバージョンを動かすのに使ってた)

epel, remi のリポジトリの追加は済んでる環境(下記)

yum -y install epel-release
yum -y install http://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-7.rpm

PHP8と諸々インストール

yum -y install php80 php80-php php80-php-mbstring php80-php-pdo php80-php-mysqlnd php80-php-gd php80-php-xml php80-php-fpm

設定

cd /etc/opt/remi/php80/php-fpm.d/
cp -a www.conf www.conf-original
vi www.conf
www.conf
listen = 127.0.0.1:9080
pm = ondemand

いろんなバージョンのPHPを動かしているのでポートはそれぞれ被らないように設定

vi /etc/httpd/conf.d/virtualhost.conf
virtualhost.conf
        <Directory "/path/to/php80/document_root">
                <FilesMatch \.php$>
                        SetHandler "proxy:fcgi://localhost:9080"  # ← www.conf に指定したポート番号
                </FilesMatch>
        </Directory>

更新して起動する

service httpd configtest
systemctl start php80-php-fpm
systemctl status php80-php-fpm
systemctl enable php80-php-fpm
systemctl restart httpd

おわり。

Apacheのデフォルトで使用されるバージョンを変える

正解かどうかわからないけど、
PHPのバージョンごとにあるApacheのモジュールを無効化すればOK。

リネームなり削除して読み込まれるモジュールを変える。
なお、複数生きている場合はファイル名昇順で先に来るものが当たる(たぶん)
※ パッケージ更新すると復活するかも…

cd /etc/httpd/conf.modules.d
mv 15-php72-php.conf 15-php72-php.conf_bak
systemctl restart httpd

PHP7のソースをPHP8で動かしてみて引っかかったところと変更内容

自動DI で使ってたリフレクションの一部がコケた

// ↓ NGになった
$tempReflectionClass = $reflectionParameter->getClass();

// ↓ OK
$type = $reflectionParameter->getType();
$tempReflectionClass = $type !== null && !$type->isBuiltin() 
   ? new \ReflectionClass($type->getName())
   : null
;

is_callable を静的でないクラスメソッドに対して
クラス名とメソッド名で読んでいたのがNGになった。

// ↓ NGになった
is_callable([クラス名, 静的でないメソッド名]);

// ↓ OK
is_callable([インスタンス, 静的でないメソッド名]);