DjangoのModelに指定できるon_deleteについて

DjangoのModelに指定できるon_deleteについて

Django の Model で指定可能な on_delete についてまとめた本になります。 on_delete はドキュメントを読まなかったとしても大体の動作が分かるような名称をしており、特別解説するような内容は無いと思われがちです。 しかし、業務上では何も考えずに`on_delete=models.CASCADE`として物理削除にデータが削除されてしまったりすることがありました。 on_delete には7つの関数を指定することができ、それぞれに利用シーンが存在しています。 基本的には CASCADE を使用すればよいのですが、各関数の動作を把握した上でレコードを厳密に保護することをおすすめします。

Author
miyaji_26

pythonを使ってアプリケーションを作成しています。

Topics
公開
文章量
16,819
価格
500