lpinfo が「Bad file descriptor」と言うようになった

1 min read読了の目安(約1100字

だいぶ前に cups を設定してプリンタを使えるようにしたはずなんだけど、いつのまにか使えなくなっていた。調べたら、たんに cups が起動していないだけだった。

先日 pacman -Syu したときに無効化されてしまったかしら。

環境

Arch Linux

% uname -rsm
Linux 5.9.11-arch2-1 x86_64

現象

% LANG=C lpinfo --make-and-model Xerox -m
lpinfo: Bad file descriptor

調べる

無効化されている。

% sudo systemctl status cups
● cups.service - CUPS Scheduler
     Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/cups.service; disabled; vendor preset: disabled)
     Active: inactive (dead)
TriggeredBy: ● cups.socket
       Docs: man:cupsd(8)

有効化する

% sudo systemctl enable cups
Created symlink /etc/systemd/system/printer.target.wants/cups.service → /usr/lib/systemd/system/cups.service.
Created symlink /etc/systemd/system/sockets.target.wants/cups.socket → /usr/lib/systemd/system/cups.socket.
Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/cups.path → /usr/lib/systemd/system/cups.path.

起動させる

% sudo systemctl start cups

OK

% LANG=C lpinfo --make-and-model Xerox -m
lsb/usr/cupsfilters/Fuji_Xerox-DocuPrint_CM305_df-PDF.ppd Fuji Xerox DocuPrint CM305 df PDF
everywhere IPP Everywhere